• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

記者の眼

Windows 10が話題の今、Linuxをお薦めする7つの理由

森重 和春=日経Linux 2015/08/07 日経Linux

 今盛り上がっているIT関連の話題といえば、7月29日に提供開始されたWindows 10だろう。筆者のSNSのタイムラインには、インストールを済ませたという書き込みがいくつもシェアされてくる。自分の周りで使い始めた人の声を聞くと、今のところかなり評判は良いようだ。

 筆者も、会社のテスト用PCに製品版の提供開始前から、Insider Previewをインストールして使ってみた。自宅のWindows 7パソコンでは、提供開始前に無償アップグレードを予約。7月29日を過ぎてもインストール準備完了の通知がこないので、自分でISOイメージをダウンロードしてアップグレードを終えた。日経Linuxを担当している立場から、仕事の上でもWindows OSの新製品には注目しているが、一個人ユーザーという立場でも、無償アップグレードで提供されるなら、やはり早々にアップグレードしてWindows 10を使ってみたいと思ったのである。

 とはいえもちろん、ここでWindows 10について語りたいわけではない。正直にいえば、Windows 10が登場し、Windows 7/8.1ユーザーに無償アップグレードが提供されることで、Linuxをデスクトップ用途で新たに使い始めようという人が減るのではないかという心配はある。しかしここでは、Windows 10が登場した今だからこそ、Linuxを使ってみるべきだとお伝えしたい。その理由を7つ、以下で紹介していく。

 サーバー用途では当たり前になっているLinuxも、ことクライアント用途に関していえば、まだまだメジャーな存在とはいえない(AndroidがLinuxの技術をベースに開発されたOSだというのはひとまず置いておく)。しかしWindows 10の登場を機に、改めてLinuxに注目してもらいたいと思う(図1)。

図1●人気のLinuxディストリビューション「Ubuntu 15.04 日本語 Remix」のデスクトップ画面
[画像のクリックで拡大表示]

理由その1:マルチデバイス、マルチOS時代の選択肢の一つに

 Windows 10は、米Microsoftが「Windows as a Service」という考え方に基づいて提供する初のデスクトップ向けWindows OSだ。Windows 7/8.1からの無償アップグレード(1年間限定)を提供するだけでなく、Windows 10への機能追加などのバージョンアップも、Windows Updateで無償で提供されるようになるという。つまり、スマートフォンやタブレットのAndroidやiOSと同じく、デバイスを買い替えなくても、どんどんOSが新しくなっていく提供形態になる。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ このOSの提供形態が当たり前になると、ユーザーは...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    プログラミングを社会の授業で教えたい

     人工知能が既存の仕事を奪う一方、新しい仕事を生み出すと予想されている時代。プログラミングを通してコンピュータの性質を体験的に理解し、コンピュータと社会や仕事の関係を、小さいころから考えることが、今後非常に重要になる。

  • 【ニュース解説】

    副業解禁のインパクト

     働き方改革の一環として、企業で働く社員の「副業」に注目が集まっている。副業は新たな収入源の確保、転職しなくても新しい仕事にチャレンジできるといったポジティブな側面がある。一方、過重労働や本業と副業での利益相反といった懸念もある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る