• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

記者の眼

宝くじが当たったら、私を「re:Invent」に連れてって

森山 徹=日経SYSTEMS 2017/07/18 日経SYSTEMS

 海外ベンダー主催の年次イベントでは、新たな戦略、製品が派手に演出され、自社の優位性をこれでもかとアピールしてくる。現地会場のパイプ椅子に身を沈め「これは確かに斬新」「うーん、他社の後追い」「この戦略ではパートナーはついてこない」と、ひとりごちるのが好きだ。米IBMや米VMware、米Oracleや米EMCなど、こうした取材はこの10年で15回を数える。とりわけ印象に残るのが、2年前に初参加したAWS(Amazon Web Services)のイベント「AWS re:Invent 2015」だ。

写真1●AWS re:Invent 2015の基調講演に登壇した、米Amazon.com CTO(最高技術責任者)のバーナー・ボーガス氏
[画像のクリックで拡大表示]

 この年のre:Inventでは、IoT(Internet of Things)の活用に向けた「AWS IoT」や、専用レンタルストレージ「AWS Import/Export Snowball」などが発表された。多くの新サービスの中で「このサービス、まずくないか」と感じたのが、BIサービス「Amazon QuickSight」だった。AWSが自らBIサービスの提供に乗り出した結果、BIツールの提供パートナーと“ぶつかる”と感じたからだ。

 つい先日、AWSがイノベーションを加速し、パートナーの既得権益をおびやかすという趣旨の記事を公開した。

 この記事は一朝一夕に出きたわけではなく、2年前のre:Inventの会場で覚えた違和感が起点になっていた。

日本でも「サーバーレスアーキテクチャー」が本格化

 アマゾン ウェブ サービス ジャパンも「AWS Summit Tokyo」と呼ぶ年次イベントを行っている。5月末から4日間にわたって開催された今年も多くの来場者を集めた。AWS Summit Tokyoでは基本的に、新たな発表はない。今年の「大阪リージョン開設の発表」は例外で、いわゆる地方興行という位置づけのイベントで興味深いのは、国内企業のAWS利用動向だ。

 今年も数十社がAWSの利用事例をプレゼンした。その中で目立ったのが「サーバーレスアーキテクチャー」の採用だ。イベント駆動型コード実行サービス「AWS Lambda」を使えば、ユーザーはサーバーを準備することなくアプリケーションを実行できる。

 「サーバーが無いに越したことはない(No Server is Easier To Manage Than No Server)」。米Amazon.comでCTO(最高技術責任者)を務めるバーナー・ボーガス氏がLambdaの優位性を訴えたのも、2年前のre:Inventだった。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ Lambdaに代表されるAWSの先進性、パートナ...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る