• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

記者の眼

事前準備ゼロで「情報セキュリティマネジメント試験」を受けてみた

山田 剛良=日経コンピュータ 2016/04/19 ITpro

 春の嵐が吹き荒れた4月17日の日曜日。休日にもかかわらず、記者は朝から東急大井町線の尾山台駅に立っていた。経済産業省傘下の情報処理推進機構(IPA)が実施する「情報セキュリティマネジメント試験」を受験しに来たのである(写真1)。試験会場は尾山台駅徒歩15分。多摩川にほど近い東京都市大学の世田谷キャンパスである。

写真1●情報処理技術者試験「セキュリティマネジメント試験」の受験票
[画像のクリックで拡大表示]

 情報セキュリティマネジメント試験は経産省所管の国家試験「情報処理技術者試験」の新たな試験区分として今回から実施される新しい試験だ(ITpro関連記事:セキュリティの新しい国家試験「情報セキュリティマネジメント」が来春開始)。

 具体的には、「情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキル」を認定する(外部リンク:IPA「情報セキュリティマネジメント試験」紹介ページ)。典型的なお役所文書で、何を言いたいのかわかりにくいが、要するに一般企業の中で「情報セキュリティリーダー」とか「情報セキュリティ責任者」といった職務を担える知識と能力がありますよ、と国家が認定してくれる。バリバリのセキュリティ専門家を目指す人というよりは、「ITを利活用する」一般のビジネスパーソンなどが主な対象になる試験だ。

 そんな試験をなぜ今回、記者が受けようとしてるのか?話せば長くなるが短くまとめると、記者が昨年12月まで日経NETWORKの編集長を務めていたからだ。

 編集長とセキュリティ試験がどう結びつくのか?実はこの試験の実施が決まった昨年の9月ごろ、日経NETWORKの編集会議でこんな会話があったのだ。

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 編集長(私):IPAが新しい国家試験を始めるらし...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    人騒がせな標的型攻撃訓練

     複数の健康保険組合が2017年3月上旬、健康保険組合連合会(健保連)を装った不審なメールに関する注意喚起を出した。これだけ聞くとよくある話だが、実は単なる標的型攻撃メールの事件ではない。裏があった。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る