• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

地域BWAの免許交付続々、となみや射水、INCなど各ケーブルテレビ局

射水/となみは月額1980円の「ケーブルAir」を2018年2月から

田中 正晴=日経ニューメディア 2017/12/27 日経ニューメディア

 2017年12月に入り、地域BWAの免許が続々と交付されている。となみ衛星通信テレビと射水ケーブルネットワーク、インフォメーション・ネットワーク・コミュニティ(INC)の各ケーブルテレビ局などが取得した。

 12月22日に総務省北陸総合通信局は、となみ衛星通信テレビと射水ケーブルネットワークから免許申請のあった地域BWAの無線局に対して、同日付で免許を付与したと発表した。これを受けて両社は連名で、2018年2月に地域BWAシステムを利用した一般向け無線通信サービスとして、「ケーブルAir」の提供を開始すると発表した。

 ケーブルAirでは、各ケーブルテレビ局が設置した「無線基地局」から概ね1km前後の範囲で2.5GHz帯域の電波を利用し、下り最大110Mbpsの通信サービスを提供する。利用者は部屋に無線端末機器を設置するだけで、集合住宅のアパートやマンションでインターネットを利用できる。有線工事は不要だ。

 サービスエリアは、となみ衛星通信テレビが砺波市、南砺市福光地域、南砺市井波地域、小矢部市それぞれの市街地やその周辺、射水ケーブルネットワークが富山県立大学周辺、富山福祉短期大学周辺。基地局までの回線としてケーブルテレビ局の光回線網を利用することで、月額1980円という低価格でサービスを提供する。

図●一般向け無線通信サービス「ケーブルAir」提供へ
(となみ衛星通信テレビと射水ケーブルネットワークの発表資料から)
[画像のクリックで拡大表示]

 信越総合通信局は12月20日に、INCに対して地域BWAの無線局に対し免許を付与した。河川監視カメラ映像の提供や、一般加入者向け無線インターネットサービスの提供といったサービスを計画する。2018年3月の開始を予定する。

 このほかにも、複数のケーブルテレビ局が12月に入り地域BWAの免許を取得しているもようだ。

[北陸総合通信局の発表資料へ]
[となみ衛星通信テレビと射水ケーブルネットワークの発表資料へ]
[信越総合通信局の発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る