• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

卓球・石川佳純選手がピンポン玉を打つクセ、シスコがAIで可視化

岡田 薫=日経コンピュータ 2017/12/05 日経コンピュータ

 シスコシステムズは2017年12月5日、卓球の石川佳純選手、張本智和選手とそれぞれ、競技活動を支援する「アスリートアンバサダー契約」を締結したと発表した。人工知能(AI)を使った画像解析などの技術で選手の練習に関するデータを分析し、練習内容の工夫に生かす。

卓球の石川佳純選手
[画像のクリックで拡大表示]

 「対戦選手や自分自身が打つコース、打つ時の癖などを分析してレベルアップに生かしたい」と石川選手は話した。同日の会見で披露したデモでは、石川選手が卓球のラリーで球を打ち返す様子を2台のカメラが撮影。撮影したデータは画像解析技術を使って、打球の速度や打ったコースなどを瞬時にディスプレーに表示する。コーチが「もっと厳しいコースに打つように」などと指示を出せる。

デモではピンポン球をラリーする様子をカメラで撮影。画像解析技術で瞬時に球のコースや速度などを可視化した
[画像のクリックで拡大表示]

 画像解析技術を使えば選手は競技時にセンサーなどを体に着ける必要が無く、競技に集中しやすいメリットがある。シスコはスポーツ選手向けのデータ分析事業などを手掛けるデータスタジアムと協力してデモで披露したシステムを構築した。シスコの鈴木みゆき社長は「大量のデータを蓄積して分析すれば、試合を想定した戦略にも生かせる」と話した。

 選手の海外遠征時に遠隔地にいるコーチと相談するための会議システムなども提供する。石川選手は「ほぼ毎月のように海外に出向く」と話し、遠く離れたコーチなどと話せるシステムの導入に期待を見せた。

 選手の練習支援を狙った技術や会議システムの具体的な提供開始時期や提供方法については「今後詰めていきたい」(シスコ)。石川選手は「東京五輪に向けて新しい武器を手に入れた」と話した。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る