• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

TISなど4社、製薬会社向けAzure利用リファレンスを無償提供

白井 良=日経SYSTEMS 2017/12/04 日経SYSTEMS

 TIS、アバナード、JSOL、NTTデータ グローバルソリューションズの4社は2017年12月4日、製薬会社向けのクラウド利用リファレンスの共同作成を発表した。2018年4月にMicrosoft AzureのIaaSを利用する場合のリファレンスを無償公開する。今後、PaaSを利用する場合のリファレンスも公開予定である。

 製薬会社は様々な法規制の下でシステムを開発・運用しなければならない。製薬会社向けにシステム開発や検証の順守事項をまとめた文書が、厚生労働省の発行する「コンピュータ化システム適正管理ガイドライン」だ。TISなど4社が作成するリファレンスは、同ガイドラインに従って、Azureを利用する際に考慮すべきポイントを解説する内容となる。

 TISなど4社は、リファレンスの無償提供で製薬会社がスムーズにAzureを利用できるようにして、Azure活用ソリューションの提供につなげる。「AWS(Amazon Web Services)には同様のリファレンスが既にある。製薬会社の顧客に対して、Azureの選択肢も示せるようにする」(TIS広報)。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【極言暴論スペシャル!】

    「撤退」が3割、システム保守運用の仕事

     久しぶりに「極言暴論スペシャル」をお届けする。今回は、ユーザー企業のIT部門から丸投げされていたシステムの保守運用業務からITベンダーが撤退する動きにについて、読者アンケート調査結果について報告する。その結果は、多くのIT部門にとって背筋が凍るようなものとなった。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る