• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

AWSが「Alexa for Business」発表、オフィスで音声アシスタントが利用可能に

中田 敦=シリコンバレー支局 2017/12/01 シリコンバレー NEXT

 米Amazon Web Services(AWS)は2017年11月30日(米国時間)、音声アシスタント「Alexa」をオフィスで利用するためのサービス「Alexa for Business」を発表した。Alexaを搭載するデバイスを一元管理したり、自社専用の「スキル」を開発してデプロイしたりできるようになる。

 米Amazon.comのWerner Vogels CTO(最高技術責任者)は米ラスベガスで開催する「AWS re:Invent」の基調講演でAlexa for Businessを披露。「家庭でAlexaに親しんでいる多くのユーザーが、『なぜオフィスでは音声アシスタントが利用できないのか』と考え始めている。そうしたユーザーの希望に我々は応える」(Vogels氏)と語った。

写真●「Alexa for Business」を発表する米Amazon.comのWerner Vogels CTO(最高技術責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 Alexa for Businessはユーザー企業がオフィスに設置した複数のAlexa搭載端末を一元管理するSaaS(Software as a Service)で、スマートフォンにおけるMDM(モバイルデバイス管理)に相当する。利用料金は、管理するAlexa搭載端末が共有端末である場合は1台当たり月額7ドル、Alexa搭載端末が特定ユーザーに紐付けられる場合は1ユーザー当たり月額3ドルとなる。

 ユーザー企業はオフィスのAlexaを使って、様々な業務アプリケーションと連携するビジネス版のスキル(スキルはAlexaにおけるアプリケーションに相当する存在)を利用できる。例えば、電話会議システムと連携するスキルを導入すると、「Amazon Echo」のようなAlexa搭載スピーカーを電話会議システムのスピーカーとして利用し、「Alexa、ミーティングを始めて」といった具合にAlexaに話しかけるだけで、電話会議を開始できるようになるという。

ユーザー企業専用スキルも開発可能に

 米Salesroce.comや米Splunkなどの業務アプリケーションベンダーが、ビジネス版Alexaスキルを用意。ユーザー企業が自社に必要なスキルを開発して、自社で使用するAlexa搭載端末だけで利用することも可能になる。従来はAlexaのスキルは、Amazon.comが用意するマーケットプレイスに登録し、誰でも使えるようにする必要があった。ユーザー企業の専用スキルは「プライベートスキル」と呼ぶ。

 Amazon.comは同日、企業ユーザー向けのAlexa搭載端末セット「Alexa for Business Starter Kit」も発売した。スマートスピーカーの「Amazon Echo」が3台、小型スピーカーの「Echo Dots」が2台、液晶パネル付き端末の「Echo Show」が2台で構成し、価格は709ドルだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る