誰でも世の中を変えられる、セールスフォースが新サービス

2017/11/30
西村 崇=日経コンピュータ (筆者執筆記事一覧

 セールスフォース・ドットコムは2017年11月30日、クラウドサービス「Salesforce」の最新動向を紹介するプレスセミナーを開いた。2018年以降、人工知能(AI)やIoT(インターネット・オブ・シングズ)を組み込んだアプリケーションを、企業の部署や社員個人の仕事に合わせて簡単に開発できるようにするサービスを充実させると説明した。

 セミナーに登壇したマーケティング本部の御代茂樹プロダクトマーケティング シニアディレクターは「当社は数年前から業務アプリケーションの開発生産性の向上に取り組んできた。この流れを受け、今後は、ITエンジニアではない、業務部門の担当者も世の中を変えられるよう、簡単にアプリを開発できる基盤サービスを充実させていく」とした。

セミナーで説明するセールスフォース・ドットコムの御代茂樹マーケティング本部 プロダクトマーケティング シニアディレクター
[画像のクリックで拡大表示]

 2018年以降、本格提供していくのは、「my」が付く5つの開発基盤サービスだ。「myTrailhead」は、Salesforceを使った開発手法やビジネス知識を習得する教育コンテンツを企業が独自に作成して社員向けに展開できるようにするサービスである。

myTrailheadの画面例。独自の教育カリキュラムを組めるようにした。各科目のテストをクリアするとバッジがもらえるなどゲームを楽しむような要素も盛り込む
[画像のクリックで拡大表示]

 「myEinstein」はAIやチャットボットを組み込んだ業務アプリを開発できるサービス。IoTデータを活用するアプリ開発として「myIoT」も提供。いずれもアプリをマウス操作で開発できるようにしている。

myEinsteinの説明スライド。AIとチャットボットを組み込んだアプリをマウス操作で開発できる
[画像のクリックで拡大表示]

 このほか、企業が独自のスマートフォン向けアプリを開発したり、社員や顧客がApp StoreやGoogle Playから入手できるようにしたりすることを、簡単にできるようにするサービス「mySalesforce」を用意。デザインを統一しつつ、ユーザーごとに表示内容を変えられるユーザーインタフェースを簡単に開発できる「myLightning」も来年以降、本格的に提供していく。

 これら一連のサービスは2017年11月上旬、米サンフランシスコで開催した年次カンファレンス「Dreamforce 2017」で発表済み。カンファレンスでは、業務改革や新ビジネスの立ち上げをSalesforceで進める、ビジネス現場の人材を「Trailblazer(トレイルブレイザー)」と定義。一連のサービスはこのTrailblazer向けに提供していくものと位置付けている。

 「Trailblazerは開発者だけでなく、ITに詳しくない企業の社員を含む。Trailblazerの誰もがパーソナライズしたアプリを簡単に開発できるようにしていく」と、セールスフォース・ドットコムの伊藤哲志マーケティング本部 プロダクトマーケティング シニアマネージャーは説明する。

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

>>もっと見る

▲ ページトップ