• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

IDCフロンティアとデータアーティスト、AI搭載クラウド型DMPを開発

井原 敏宏=日経クラウドファースト 2017/11/30 日経クラウドファースト

 データセンター事業やクラウド事業を手掛けるIDCフロンティアと、AI(人工知能)開発企業のデータアーティストは2017年11月30日、AIを搭載したクラウド型プライベートDMP(データマネジメントプラットフォーム)の「Pleasure Data」を共同開発し、同日より提供開始すると発表した。

Pleasure Dataの画面。サイト利用者の行動情報をAIが分析し、関連度が高いと思われる最大5つのペルソナ(顧客像)を表示
(出所:IDCフロンティア)
[画像のクリックで拡大表示]

 Pleasure Dataはクラウド上に顧客用のデータ分析基盤を用意し、AIを使ってWebサイト利用者の興味や関心を抽出、分析する。「通常、サイト利用動向の収集や分析、可視化は専門知識を持つデータサイエンティストが欠かせない。データ収集・分析基盤の構築と運用のために、人的コストや時間が掛かるのも課題だった」(IDCフロンティアの赤星智子データビジネス本部基盤開発部企画グループリーダー)。

 コンテンツ量などサイトの規模にもよるが、Pleasure Dataを使うことで最短2週間程度でDMPを導入可能とする。分析は基本的にAIがやるため、統計ツールなどを使う必要はない。データアーティストの作左部勇次郎取締役副社長は「メディアやコンテンツ事業者は、分析データを基にコンテンツ企画やLPO(ランディングページ最適化)、効果的な広告配信などを進められる」と利点を挙げる。

 総合美容情報サイト「Yahoo! BEAUTY」を運営するTRILLなど数社が、既にPleasure Dataの実証実験を進めているという。赤星グループリーダーは「1年間で数十社の導入を目指す」と話す。Pleasure Dataの利用料は月間のページビューが5000万以下の場合、月額95万円(税別)だ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    SEの仕事とは?子供にどう説明すべきか悩む

     以前聞いた話だが、30代のあるSEが4歳の娘から「パパはどんな仕事をしているの?」と尋ねられ、とても困ったそうだ。ITやエンジニアという言葉を使っても、おそらく理解してもらえないはず。自分の仕事を分かりやすくかみ砕いて説明するにはどうしたらよいか。悩んだ挙げ句、彼はこんな説明をしたそうだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る