• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

政府、日本年金機構がマイナンバー制度で情報連携できる政令を閣議決定

大豆生田 崇志=日経コンピュータ 2017/11/10 日経コンピュータ

 政府は2017年11月10日、日本年金機構がマイナンバー制度で情報連携ができるようにする政令を閣議決定した。年金機構の情報連携は11月17日から可能になる。厚生労働省によると2018年1月から稼動テストなどを行って、同年3月以降に情報連携を実施する目標で準備を進めるという。

 年金機構は2015年6月に標的型サイバー攻撃に伴う年金個人情報の大量流出事件が判明し、2015年9月に成立した改正マイナンバー法によって政令で定める日まで情報提供ネットワークシステムを使った情報連携が延期されていた。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る