• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

NHKがInter BEEに初出展、「8K中継車」や「バーチャル美術館」などを展示

長谷川 博=日経ニューメディア 2017/11/08 日経ニューメディア

 日本放送協会(NHK)は2017年11月8日、国際放送機器展の「Inter BEE 2017」(2017年11月15日~同17日開催)に、電子情報技術産業協会(JEITA)と共同で出展すると発表した。NHKのInter BEEへの出展は今回が初めてとなる。

 NHK/JEITAブースでは「8K中継車」を展示する。Inter BEEの直前に開催される「2017 NHK杯国際フィギュアスケート」など、この中継車で制作されたHDRによる8Kコンテンツを公開する。

Inter BEEで展示する8K中継車
(出所:NHK)
[画像のクリックで拡大表示]

 8Kのコンテンツ制作を支援する「カメラフォーカスアシスト技術」や「2倍速スローモーションシステム」も併せて展示する。2倍速スローモーションシステムは、フレーム周波数120Hzで撮影可能なカメラと記録装置を用いた、世界で初めての8Kスローモーションシステムという。

 2018年12月の4K・8K実用放送の開始を踏まえ、「8Kのあるくらし」をイメージした「8Kリビングシアター」も展示し、来場者に家庭での8K視聴を体感する機会を提供する。4K・8Kの放送を視聴する方法や、パラボラアンテナをはじめとする受信に必要な機器も紹介する。

 NHKではこのほか、放送番組と身近な電子機器を接続・連携させる技術基盤の「Hybridcast Connect X」や、特別なめがねが不要なインテグラル立体技術による「飛び出す絵本」、パソコンとソフトウエアで実現した8K環境による「バーチャル美術館」などを展示する。

[発表資料(PDF)へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る