愛知県でWeb-API方式による無料公衆無線LANの認証連携フィールドトライアル

2017/11/06
田中 正晴=日経ニューメディア (筆者執筆記事一覧

 「あいち無料公衆無線LAN推進協議会」は、愛知県および県内6市町(名古屋市、豊田市、安城市、常滑市、みよし市、豊山町)が整備した無料公衆無線LAN間において、認証連携のフィールドトライアルを実施する。トライアルの実施期間は、2017年11月9日から2018年3月31日を予定する。

 認証連携を行うことで、県および市町が整備した無料公衆無線LAN サービスの各箇所において、利用者がスマホやタブレットに対応アプリをダウンロードし認証手続きをすれば、他の箇所でも再認証手続きすることなくインターネット接続が可能となる。

 このトライアルでは、Web-API方式による認証連携を採用する。Web-API方式は公衆無線LAN認証管理機構が策定管理する技術仕様。異なる事業者が整備したWeb-API方式対応の無料公衆無線LANサービスエリアにおいて、利用者が複数ある対応アプリから選択し利用する認証連携は国内初という。

 対象となる無料公衆無線LANは、愛知県が中部テレコミュニケーション、名古屋市がワイヤ・アンド・ワイヤレス、安城市、常滑市、豊田市、豊山町、みよし市の県内5市町がキャッチネットワーク、スターキャット・ケーブルネットワーク、知多半島ケーブルネットワーク、ひまわりネットワークおよびコミュニティネットワークセンター(CNCI)と連携して整備した施設である。県内約2千カ所のアクセスポイントで利用可能となる。

 対応アプリは、「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」(提供はワイヤ・アンド・ワイヤレス)と「えひめFree Wi-Fi接続アプリ」(提供は愛媛CATV)である。

 認証連携フィールドトライアル終了後は、各自治体において、Web-API方式による認証連携の導入について検討していく予定。

[愛知県の発表資料へ]
[公衆無線LAN認証管理機構の発表資料へ]
[CNCIの発表資料(PDFファイル)へ]
[ワイヤ・アンド・ワイヤレスの発表資料(PDFファイル)へ]
[愛媛CATVの発表資料(PDFファイル)へ]

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

>>もっと見る

▲ ページトップ

日経ニューメディア読者限定webサービス

  • 登録
  • ログイン

※記事をお読みになるには購読申し込みとは別にユーザーID,パスワードの登録が必要です。

登録内容の変更

日経ニューメディア記事検索

1999年1月4日号以降の「日経ニューメディア」本誌に掲載された記事を検索、閲覧できます。

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

無料見本誌

申込受付中!

通信と放送の
専門情報誌
無料見本誌

日経ニューメディア
プロのための
本物の情報がここに
★見本誌受付中