• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

目視検査をエッジAIで自動化、NTTコムウェアとHPEがアプライアンスを発売

高橋 秀和=ITpro 2017/11/01 ITpro

 NTTコムウェアと日本ヒューレット・パッカード(HPE)は2017年11月1日、ディープラーニング(深層学習)による画像認識AI(人工知能)を構築するアプライアンスサーバー「Deeptector 産業用エッジAIパッケージ」を発売した。目視による検査を自動化したい工場や物流拠点での採用を見込む。

「Deeptector 産業用エッジAIパッケージ」の構成。NTTコムウェアの画像認識AIと日本ヒューレット・パッカードのIoT向けPCサーバーを組み合わせたアプライアンス
[画像のクリックで拡大表示]

 同パッケージは、NTTコムウェアの画像認識AI「Deeptector」をHPEのIoT向けPCサーバー「HPE Edgeline EL1000」にプリインストールしたアプライアンス。「製品画像をクラウドなどの工場外に出したくない、サーバーの耐久性が心配、といったユーザーの声に応える」(NTTコムウェア ビジネスインキュベーション本部長の桑名正人取締役)。

 ユーザーは製品写真や監視画像を用意し、「認識モデル作成ツール」でテキストによる分類や良・不良などの評価を付けてから深層学習を実施。学習済みモデルを基に、画像を認識して良品・不良品などを判定する。

Deeptectorの機能。学習と判定、および学習に使う画像へのラベル付けを支援するGUIツールで構成
[画像のクリックで拡大表示]

 ディープラーニングの学習・推論用のGPUとしては、米エヌビディアの「NVIDIA Tesla P4」を2枚搭載。 1枚当たり約5画像/秒の速度で推論・判定できる。

 価格は、学習・判定・認識モデル作成ツールを含む標準構成で1140万円(税別)から。5年のリース契約では月額約26万円から。機器設置などの導入支援サービスが付属する。

 Deeptectorは、NTTコムウェアが2017年3月に発売した「Deep Learning画像認識プラットフォーム」を改称したソフト。同年6月にはクラウド版の提供を始めており、Deeptectorクラウド版で作成した学習済みモデルをアプライアンスに配布する、といった連携も可能という。

左から、日本ヒューレット・パッカードの本田昌和ハイブリッドIT製品統括本部長、NTTコムウェアの箕浦大祐ビジネスインキュベーション部担当部長、NTTコムウェア ビジネスインキュベーション本部長の桑名正人取締役、エヌビディア日本代表兼米国本社副社長の大崎真孝氏
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る