• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

東海道・山陽新幹線が海外からネット予約可能に、日本時間の深夜は利用できず

清嶋 直樹=日経コンピュータ 2017/10/30 日経コンピュータ

 東海旅客鉄道(JR東海)と西日本旅客鉄道(JR西日本)は2017年10月30日、東海道・山陽新幹線(東京駅~博多駅)の訪日外国人向けネット予約サービス「Tokaido Sanyo Shinkansen Internet Reservation Service」を始めた。対象国は米国、豪州、シンガポール、香港。対象国は順次拡大するとしている。

訪日外国人向け「Tokaido Sanyo Shinkansen Internet Reservation Service」の概要
(出所:東海旅客鉄道)
[画像のクリックで拡大表示]

 対象国からスマートフォン用「smartEX App」をダウンロードしクレジットカードを登録すれば、英語で予約サービスを利用できる。同日時点では、Android版が利用可能で、iOS版は「近日公開」となっている。

 予約した切符は、新幹線駅の発券機で登録済みのクレジットカードを使って受け取る。「Suica」や「TOICA」などの交通系ICカードを持っている場合は、ICカード裏側の番号をアプリで登録しておけば、ICカードを使って切符を受け取ることなくチケットレス乗車できる。

 利用者は乗車1カ月前の午前10時から当日の発車4分前まで予約できる。ただし、サービス時間は日本時間の午前5時30分から午後11時30分までに限られる。時差のある国から出国前に予約する場合はサービス時間に注意する必要がある。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る