• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

台湾にも超高速開発の波、「Wagby」担ぐアライズイノベーションが台湾企業と業務提携

井上 英明=日経コンピュータ 2017/10/23 日経コンピュータ

 人工知能(AI)と超高速開発、クラウドサービスを組み合わせたITサービスを手掛けるアライズイノベーションは2017年10月23日、台湾の大手システムインテグレーターであるシスコム・コンピュータ・エンジニアリングと超高速開発分野で業務提携したと発表した。シスコムは11月から台湾で超高速開発ビジネスを始める。

業務提携のプレスリリース
(出所:アライズイノベーション)
[画像のクリックで拡大表示]

 シスコムが販売するのはアライズイノベーションが出資するジャスミンソフトの超高速開発ツール「Wagby」である。シスコムは台湾のほか、商圏である中国や米国、東南アジア、欧州、南米などで超高速開発事業を展開し、今後3年間で累計50社への導入を目指す。

 アライズイノベーションは製紙大手の日本紙パルプ商事とITベンダーの東京システムハウスが共同出資して2016年6月に設立したITベンチャーで、3社は2016年12月にジャスミンソフトに出資した。Wagbyはプログラミングなしでアプリケーションやデータベースを開発できる超高速開発ツール。2017年9月時点で336社が導入しているという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【週末スペシャル】

    東京モーターショー“笑顔”特集 国内完成車メーカー編

     次世代自動車の祭典「第45回 東京モーターショー2017」)が10月28日~11月5日に開催された。東京モーターショーの見所は最新技術を詰め込んだ車両だけではない。コンパニオン達の輝く笑顔も来場者を惹きつける。記者が総力を挙げて取材したコンパニオン達を、3回に分けてお送りしたい。まずは国内完成車メ…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る