• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

マネックス証券、“個人投資家を育てる”ロボ・アドバイザー投入へ

岡部 一詩=日経FinTech 2017/10/20 日経FinTech

 マネックス証券は2017年10月20日、個人投資家を対象としたロボ・アドバイザー「マネックスアドバイザー」を発表した。10月中をめどに提供を開始する。専門家による市況の見通しを踏まえたポートフォリオを構成できるのが特徴。同種のサービスとしては後発だが、年間のサービス利用料を運用残高の0.3%に抑え、顧客獲得を目指す。

マネックス証券の松本大取締役会長
[画像のクリックで拡大表示]

 ロボ・アドバイザーは一般にコンピューターが自動的に最適な資産配分を示すサービスを指す。「昨今のロボ・アドバイザーは、運用全部を一任する形態。これでは個人投資家が育たない」。マネックス証券の松本大取締役会長はロボ・アドバイザーブームをこう批判する。同社のマネックスアドバイザーはユーザー自身が市況の見通しなどを入力し、最適なポートフォリオを組成する仕組み。「自分の意見で投資できる余地を残した」(松本会長)一方で、同社の広木隆チーフ・ストラテジストといった専門家の見通しをポートフォリオに反映させることも可能だ。

 マネックスアドバイザーは国内のETF(上場投資信託)を投資対象としており、ブラックロック・ジャパンが提供する「iシェアーズ ETF東証上場シリーズ」の内、7銘柄でポートフォリオを構成する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る