• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

自分のPCでMRを体験、日本MSがWindows 10 Fall Creators Updateの説明会

井原 敏宏=日経クラウドファースト 2017/10/18 日経クラウドファースト

 日本マイクロソフトは2017年10月18日、同17日(米国時間)に一般提供を始めたWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」の説明会を実施した。目玉機能としてMR(Mixed Reality=複合現実)を挙げた。

展示されたMRヘッドセット
[画像のクリックで拡大表示]

 Fall Creators UpdateではMRデバイスの制御に対応した。米マイクロソフトはMRを体験できる立体映像用ヘッドマウントディスプレイの「HoloLens」を、法人や開発担当者向けに限って提供済み。Fall Creators UpdateのMR標準対応に合わせて、OEM(相手先ブランドによる生産)各社からMR対応ヘッドセットが登場している。日本マイクロソフトの三上智子 業務執行役員 Windows & デバイス本部長は「誰でも自分のPCでMRを体験できる世界がやってきた」と強調した。

 説明会では日本HPや日本エイサー、富士通などのMR対応ヘッドセットを展示。日本HPやエイサーの製品は2017年10月17日に発売済み。価格は日本HP製が約6万5000円(税込)、エイサー製が約6万円(税込)となっている。その他製品も含め2017年11月18日から、全国の販売店でMRヘッドセットの体験コーナーを順次展開する。展開店舗数は合計で約400店舗という。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る