• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

東大と産業界、データサイエンス人材育成で共同事業体を設立

白井 良=日経SYSTEMS 2017/09/28 日経SYSTEMS

 東京大学 数理・情報教育研究センター、NEC、三井住友フィナンシャルサービス、新日鉄住金ソリューションズは2017年9月28日、データサイエンス人材を育成する共同事業体の設立を発表した。名称は「UTokyo MDSコンソーシアム(東京大学数理・データサイエンスコンソーシアム)」で10月1日に設立する。会長にはNECで中央研究所を担当する西原基夫執行役員が就任する。

 東京大学は平成29年政府予算「数理・データサイエンス教育の強化」事業に基づき、2017年2月に数理・情報教育研究センターを設置した。産業界によるセンターの支援と産学連携のため、コンソーシアムを設立した。

 コンソーシアムでは、データサイエンス分野のリテラシー向上のための社会人向け教育プログラムを開発し、2018年度から実施する。このほか、社会人が教育機関で学ぶリカレント教育や、分析ツールやデータといった教材の提供、インターンシップ、研究者の交流、共同研究、技術指導などを実施する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    日本人SEが外資系ITに大量流出、これでいいのか?

     日本ハムの二刀流こと、大谷翔平選手のメジャー移籍が話題になっている。23歳という年齢は早すぎる気もするが、メジャーを熱望しながらプロ野球界にとどまった経緯を考えれば、当然の流れといえそうだ。もはや「なぜお前もメジャーに行くのか?」と嘆くよりも、大舞台での雄姿を早く見たいのではないだろうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る