• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

DDoS攻撃の停止と引き換えに金銭を要求する脅迫メール、JPCERT/CCが注意喚起

山崎 洋一=ITpro 2017/09/21 ITpro

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は2017年9月21日、DDoS(分散型サービス妨害)攻撃の停止と引き換えに金銭を要求する脅迫メールを受け取ったとする報告が複数出ていると公表した。脅迫メールは9月19日頃から確認されており、送信者は「Phantom Squad」を名乗っているという。ただ、「9月14日頃から国内の複数の組織で発生したと報じられているDDoS攻撃の犯人がPhantom Squadであるという情報はなく、関連性は不明」(JPCERT/CC)としている。

 JPCERT/CCが提供を受けた情報によると、脅迫メールは2017年6月20日頃に「Armada Collective」を名乗る攻撃グループが発信した脅迫メールの文面と類似点があるという。一方、文中では宛先や対象を直接指定しておらず、国内外の広範囲に送付されているという相違点も確認されている。

 JPCERT/CCは、ネットワークやサーバーにおけるDDoS攻撃発生時の対応体制を平時から点検することを勧めている。また、管理下にあるサーバーやルーターなどがDDoS攻撃の踏み台とならないよう適切に設定することを呼びかけている。

JPCERT/CCのWebサイト
(出所:JPCERT/CC)
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【何がすごいの?「5G」5つの疑問】

    5Gはどれくらい速いの?

     第5世代移動通信システム(5G)の利用者が体感できる実効速度は、現行の4G(LTE)の100倍に当たる毎秒数百メガ~数ギガビット。携帯最大手のNTTドコモはそう想定する。通信条件の良いピーク時の実効速度は、サービス開始当初は毎秒数ギガビットにとどまるが、その後毎秒10ギガビット以上へと段階的に速ま…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る