• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

楽天が農業支援サービス「Ragri」で広島の自治体と連携、「身一つで就農できる」

広田 望=日経コンピュータ 2017/09/11 日経コンピュータ

 楽天と神石高原町(広島県)は2017年9月11日、楽天の農業支援サービス「Ragri(ラグリ)」を活用する協定を結んだ。神石高原町の耕作放棄地を使った新規就農支援サービスなどで協力する。神石高原町の耕作放棄地は東京ドーム約100個分に相当する430ヘクタールに及ぶという。

 楽天と同社の子会社で農業支援サービスを手掛けるテレファームは、神石高原町との協定により新規就農を支援する「Ragriリクルート」を本格的に始める。Ragriリクルートは耕作放棄地などをテレファームが借り上げ、新規就農者に事務所や農耕機などと一緒に貸し出すサービスだ。農業の技術や経営などの指導もする。

 同サービスで新規就農者はサービス料(月額3万7000円の予定)を支払う。神石高原町は協定によりサービス料を全額補助する。楽天の農業事業部長とテレファームの代表取締役を務める遠藤忍氏は「身一つで就農できる」と協定を説明した。

楽天の農業事業部長とテレファームの代表取締役を務める遠藤忍氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Ragriリクルートで農業の基礎を学んだ新規就農者は承継者が居ない農家とマッチングする「Ragriブリッジ」が利用できる。Ragriブリッジも神石高原町で運営する。

 楽天とテレファームは会員制の農作物流通サービス「Ragri CSA(コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャー)」を運営しており、RagriリクルートやRagriブリッジの販路として使う。Ragri CSAは前払い制のため収穫を待たずに収入が得られ、新規の就農がしやすくなるという。

 神石高原町の入江嘉則町長は「耕作放棄地を資源として使えると考え協定を結んだ。楽天とは農業支援に限らず包括的な協力関係を考えている」と話した。

神石高原町の入江嘉則町長
[画像のクリックで拡大表示]

 楽天の安藤公二常務はRagriリクルートやRagriブリッジについて、「Ragri CSAだけでなく楽天市場や楽天トラベルなどを活かした販路の拡大を考えている」と話した。事業目標はRagri CSAに登録する就農者を「5年後(2022年)までに数万人に増やしたい」(同)とした。

楽天の安藤公二常務
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る