• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

1000倍の「太陽フレア」発生、8日午後から衛星通信やGPSに障害発生の恐れ

勝村 幸博=日経NETWORK 2017/09/08 日経NETWORK

 情報通信研究機構(NICT)は2017年9月7日、通常の1000倍となる大型の太陽フレアを9月6日に確認したと発表した。これにより9月8日午後以降、人工衛星による通信やGPS(全地球測位システム)に障害が発生する恐れがあるとして注意を呼び掛けている。

人工衛星で観測された太陽表面の画像(左が可視光、右が紫外線)。右写真右下の光っている箇所が太陽フレア
(出所:情報通信研究機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 太陽フレアとは、太陽表面で生じる爆発現象のこと。太陽フレアが発生すると、高エネルギーの粒子やX線などが放出される。このため大規模な太陽フレアが生じると、地球周辺の宇宙環境が乱れる可能性がある。

 その結果、通信衛星や放送衛星などの人工衛星で障害が発生したり、GPSを用いた測位の誤差が増大したりする恐れがある。短波通信や送電線にも影響を与える場合があるという。

 今回観測された太陽フレアは、通常の1000倍以上に及ぶ大型のもの。この規模の太陽フレアは11年ぶり。放出された粒子は、9月8日15時から24時にかけて地球に到達すると予想されている。

 このため9月8日午後からは、GPSや人工衛星を使った通信などに影響が出る可能性がある。影響は、今後1週間ほど続くとしている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る