• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

NTTドコモが収納サービスベンチャーと提携、シェアリングも視野に

田中 陽菜=日経コンピュータ 2017/09/07 日経コンピュータ

 NTTドコモは2017年9月7日、家庭の収納物を預かって管理するサービスを手掛けるベンチャー企業トランクと業務提携すると発表した。トランクの収納サービスを、ドコモの暮らしのサービス「dリビング」の新メニューとして同日から提供する。

トランクの松崎早人代表取締役(左)とNTTドコモ ライフサポートビジネス推進部 ファミリーコミュニケーション事業の大杉俊明担当部長(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 トランクの宅配収納サービス「trunk」は、利用者が荷物を入れた3辺合計140センチの段ボールを、温度や湿度を調整した物流倉庫で預かるサービスだ。料金は段ボール1箱当たり月額500円(税別)。スマートフォンで荷物の集荷依頼や預けた荷物を、ワンタッチ操作で確認できるという。

 今回の業務提携により、dリビングの会員は月額450円(税別)の範囲内で、trunkのサービスを利用できるようになり、1箱分まで無料で預けられる。「4年で100万箱を目指す」とトランクの松崎早人代表取締役は述べる。

宅配収納サービス「trunk」で預けられる段ボールは3辺合計140センチ。衣類や靴、本などが入っている様子
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTドコモにとって提携の狙いは、dリビングのサービスを拡張させること。dリビングは2016年7月より提供しており、部屋の掃除などを優待価格で提供する家事サポートや、鍵の紛失時に利用するトラブルサポートなどがメニューに含まれる。「衣類などを預けたいという収納スペースに関する顧客の声や市場のニーズが高いことから、新しいサービスを検討しており提携に至った」とNTTドコモのライフサポートビジネス推進部 ファミリーコミュニケーション事業の大杉俊明担当部長は説明する。

 trunkでは預けた荷物を売買するサービスも提供している。「国内の押入れにある資産は15兆円とも言われている」とトランクの松崎代表取締役は述べる。両社は物のシェアリングなども視野に入れ、中長期的な提携と考えているという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る