• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

日本語字幕と音声ガイドでバリアフリー上映、フジテレビがUDCastで実施

長谷川 博=日経ニューメディア 2017/09/05 日経ニューメディア

 フジテレビジョンは2017年9月5日、他社と共同で制作した映画作品である「三度目の殺人」(9月9日公開)において、誰でも劇場観賞を楽しめるバリアフリー上映の技術「UDCast」を導入すると発表した。

 UDCastは、映画などで流れる音声をスマートフォンなどの携帯端末のマイクで拾って、事前に制作した字幕や手話の表示や音声ガイドの再生を実施できるアプリケーション。Palabra(代表取締役:山上庄子氏)が開発・運営を行っている。

 今回、聴覚障害者用日本語字幕と視覚障害者用音声ガイドをセットで提供し、「聞こえない、聞こえにくい人」や「見えない、見えにくい人」が劇場で映画を楽しめるようにする。

写真1●字幕付き上映のイメージ
(出所:フジテレビ)
[画像のクリックで拡大表示]

 来場者が自分で対応メガネにUDCastアプリをダウンロードし、専用マイクを付けて持参すれば、全国の上映劇場で字幕付きで映画を視聴できる。4劇場(立川シネマシティと川崎チネチッタ、ミッドランドスクエアシネマ、大阪ステーションシティシネマ)では、UDCast方式対応の字幕表示用メガネ機器(セイコーエプソン製スマートグラスMOVERIO「BT-350」)の貸し出しも行う。

写真2●「BT-350」の利用イメージ
(出所:フジテレビ)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、音声ガイドは、スマートフォンなどの携帯端末機器にUDCastアプリをダウンロードすれば利用できる。

[発表資料へ]

[UDCastのWebページへ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る