• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

「2019年末までに国内20万店舗へ展開」、スマホ決済Origamiが戦略会見

下玉利 尚明=タンクフル 2017/08/30 ITpro

 Origamiは2017年8月29日、都内の本社で「Origami Open House Media Session」を開催し、スマートフォン決済サービス「Origami Pay」を中心とした同社の事業の現状と今後の方向性について説明した。冒頭、Origami マーケティングディレクター 古見 幸生氏は、携帯電話を使った決済サービスの先駆けである「おサイフケータイ」と比較しながら、「Origami Pay」の特徴を説明。「おサイフケータイは、モバイルFeliCaチップや対応SIMを内蔵した携帯電話や携帯端末でしか利用できない。一方Origami Payは、アプリなのでカメラ搭載のスマートフォンであれば利用可能。機種依存がないのが特徴だ」と優位性を語った。

Origami マーケティングディレクター 古見 幸生氏
(撮影:下玉利 尚明、以下、同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 続けて古見氏は、「Origami Pay」が利用者にもたらすメリットについて「キャッシュレスとスピ―ド」だと表現。特に、コンビニエンスストアのローソンをはじめ各店舗での少額決済時に、「現金を取り出さずに、QRコードを読み込ませるだけで素早く決済できて利便性が高い」と強調した。

 同社は2017年8月24日、日本ユニシスグループのキャナルペイメントサービスと導入店舗拡大に向けて業務提携を発表。古見氏は「Origami Payはサービス開始から約15カ月で利用可能な店舗が2万店ほどに拡大した。今後さらにサービスを拡充し、2019年末までに導入決定加盟店を20万店舗にまで拡大する」と目標を示した。

Origami Payのサービス開始から約1年で様々なスマホ決済が登場

 古見氏に続いてポイント交換案内サービス事業を提供するポイ探 代表取締役 菊地 崇仁氏が登壇。現在のスマートフォン決済サービス市場の動向を説明した。菊地氏は、「Origami Payが登場してから、アップルペイ、楽天ペイなど次々にサービスが提供され始め、利用者にとって『どれがいいのか』分かりにくい状況にある」と市場を総括した。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 菊地氏によれば、様々なスマートフォン決済サービス...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る