• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

ヤフーと三井住友FGが金融サービスで提携、17年9月にも合弁会社

広田 望=日経コンピュータ 2017/08/09 日経コンピュータ

 ヤフーと三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)は2017年8月9日、業務提携すると発表した。共同で金融サービスを展開する。両社は合弁会社を2017年9月にも設立する。出資比率はヤフーが51%、SMFGが49%になる。

 提携によって両社は、それぞれ既存事業の利便性を高めつつ、新しい金融サービスの企画・開発につなげる。合弁会社は、新サービスの企画・開発やデータ分析、マーケティングなどの役割を担う。

 2017年4月に改正銀行法が施行され、銀行持株会社の出資比率の規制が緩和したことで、SMFGは合弁会社に49%出資可能になった。従来の銀行法は金融持ち株会社は15%、銀行は5%までと、出資比率が制限されていた。

 SMFGは既に、改正銀行法を適用した第1号案件として、生体認証サービスを運営する新会社ポラリファイを設立済み。同社は、2017年7月26日から運営を始めている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る