• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

NTTドコモ、AIを活用した1次産業向けIoTソリューション

山崎 洋一=ITpro 2017/08/08 ITpro

 NTTドコモは2017年8月8日、AI(人工知能)を活用した1次産業向けIoT(インターネット・オブ・シングズ)ソリューションを発表した。9月中旬から受注を開始する。同日、同ソリューションを含む法人向けIoTビジネスの拡大に向け、日本IBMとAIを活用した新ソリューションの開発と営業活動で協業すると発表した。

 今回発表したIoTソリューションはNTTグループのAI技術「corevo」を活用してドコモが開発した「自然対話エンジン」や「画像認識エンジン」などと、日本IBMの「IoT分析プラットフォーム」を連携させたもの。センサーなどのIoT機器から取得した数値情報に加え、カメラ画像や音声などの情報をプラットフォーム上で蓄積・分析できる。精度の高い解析結果を導き出せるという。

 パッケージ型ではなく受託開発で提供する。費用は年額500万円程度からの複数メニューを検討中としている。

ビニールハウスやマグロ養殖場で実証実験

 ドコモはIoTソリューションの提供に先立ち、8月8日からアプレと双日ツナファーム鷹島の2社と実証実験を開始すると発表した。

 アプレとは水耕栽培のビニールハウスで画像データを活用。ハウス内の環境や栽培状況を監視・管理し、自律的な室内環境の調節に向けて検証する。熟練者が指示する声を自然対話エンジンを使って収集、分析して、熟練者のノウハウを水平展開できるようにもする。

水耕栽培の現場の様子
(出所:アプレ)
[画像のクリックで拡大表示]

 双日ツナファーム鷹島とはマグロの養殖で実証実験を進める。いけす内の水温や溶存酸素濃度といったデータと気象情報などのデータを組み合わせて分析し、給餌タイミングや給餌量を最適化することを目指す。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    ラオスの古都、そして世界も日本も席巻する中国アプリ

     9月末、遅い夏休みを取って「ラオス」へ旅をしてきました。急に行き先を決めたこともあり、ガイドブックすら読まずに下調べゼロで入国。「一体現地に何があるんだろう」「水は飲めるのか」「治安も不安だ」――。様々なネガティブイメージが頭によぎりつつタラップから降り立った場所は、古都ルアンパバーン。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る