• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

VAIO新社長が経営方針を説明、中国再進出やVR新事業など発表

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2017/08/01 日経コンピュータ

 VAIOは2017年8月1日、都内で経営方針説明会を開催し、7月に会社設立から3周年を迎えた同社について、中国市場への進出やVRソリューション事業への参入など新たな事業戦略を発表した。

 説明会には6月15日に新しく社長に就任した吉田秀俊氏が登壇した(写真1)。「30年近く海外営業の経験を積んできた。4社目となるVAIOではハンズオンの経営を中心に細かいところまで目配りする。ものづくりの原点から、経営を高所から見るだけでなく一緒に汗をかいて盛り上げたい」と自己紹介した。

写真1●VAIO 代表取締役社長の吉田秀俊氏
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「Windows以前のDOS時代からITに馴染んでおり、自作のPCも12台目になる。VAIO社長のオファーを受け非常に光栄だ」(吉田氏)と語った。

3年間で法人向けPC体制やEMS事業を立ち上げ

 最初に吉田氏はVAIOという会社について、「製品と社名が同じVAIOであることから、企業価値を高めるにはVAIOブランドの価値を高めることが重要だ」と語った。

 次に過去3年間のVAIOの実績を振り返り、「PC製品の絞り込み」「製販一体の会社機能と法人向け体制の整備」「EMS事業の立ち上げ」に成功したことを高く評価した。

法人向けPCについては、「VAIOといえばB2Cのブランドというイメージがあったが、この3年間で法人向けの営業体制や保守体制が充実した。最終黒字のキーファクターのひとつだ」(吉田氏)と振り返った(写真2)。

写真2●法人向けを強化し、VAIO=B2Cのイメージを払拭
[画像のクリックで拡大表示]

 法人向けPC販売は倍増したという(写真3)。「PC市場は6:4ぐらいの割合で法人主体に変わりつつある。B2CはスマホやタブレットによるPC離れもあるが、法人向けはクラムシェルPCの需要が高い。カスタマイズ需要も安曇野工場で臨機応変に対応できている。モチベーションが上がるなどの理由で指名買いも多い」(吉田氏)と語った。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 安曇野工場の技術者を集めて立ち上げたEMS事業に...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【わたしの働き方改革】

    働きやすくするコツ、自分を知ってもらうこと

     ネットワンシステムズで、顧客企業向けに働き方改革をコンサルティングする「ワークスタイル変革チーム」を率いる手塚千佳氏。異業種からIT業界への転職、2度にわたる出産・育児など、様々な経験を重ねてきた。その蓄積が、多様なキャリアを持つ部下を率いながら顧客企業の働き方改革を支援する今の仕事に生きている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る