• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

住信SBIネット銀行、データウエアハウスをTeradataに刷新

森山 徹=日経SYSTEMS 2017/07/31 日経SYSTEMS

 住信SBIネット銀行は「Teradata Data Warehouse Appliance(Teradata)」を導入し、2017年5月に本稼働を開始した。同年7月31日に日本テラデータが発表した。統合データベース基盤の構築に向けて、データウエアハウス(DWH)を従来のOracleからTeradataに切り替えた。処理性能の向上により、データ参照や集計、分析の迅速化を図り、業務効率を引き上げた。

 Teradataの検索用BIツール「AccessNavigatorWeb」も新たに導入。これにより、DWHに対しユーザーがデータを自由に追加できるようになった。従来は、要求のヒアリングから要求定義、開発設計といったシステム開発が必要だった。業務によっては、1カ月半から数カ月掛かっていたデータの追加作業が、約1分に短縮されたという。

 データ取得の作業も約15分から約3分に短縮された。これまでは顧客情報や融資情報などのデータを個別に取得し結合していたが、AccessNavigatorWeb内部で結合できるようになった。これにより、ユーザーツールのメンテナンス作業の負荷が軽減され。時間短縮につながったという。

 住信SBIネット銀行は今後、Teradataを活用してデータドリブン経営を加速していく考え。統合データベース基盤を構築したうえで、一部のマーケティングスタッフだけでなく、担当者全員がデータに基づいて意思決定できる体制づくりを目指す。統合データベース基盤には社内外からデータを集める。対象データには、与信系やイベント・ベースド・マーケティング・システムのデータ、Webサイトやメール配信のデータ、FXなど各種商品システムに点在するデータ、広告データといった外部のデータなどを想定している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る