• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

ハリウッド式に倣う「起業スタジオ」、2017年秋に日本でも始動

菊池 隆裕=日経BP総研 イノベーションICT研究所 2017/07/24 日経BP総研 イノベーションICT研究所

 スタートアップ企業の事業育成を手がける米All Turtlesが2017年7月24日、東京都内で会見を行い、「2017年秋に東京オフィスを稼働させ、2018年1月1日に支援チームの募集を始める」と発表した。2018年4月には最初の支援5チームを決定するという。

All Turtlesの創業者であるPhil Libin氏
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は米Evernoteの共同創業者で元CEO(最高経営責任者)のPhil Libin氏が立ち上げた「スタートアップ支援スタジオ」。ここで言うスタジオは、「ハリウッドの映画産業をモデルにした」(Libin氏)ものであり、企業経営に必要な専門家が集まり、クリエイターによる新しい製品やサービスの開発を支援する。クリエイターは経営や資金調達、リクルーティングなどをスタジオに任せることができる。「小説家が必ずしも出版社を作るわけでもなく、音楽家が音楽会社を作るわけでもない」とLibin氏は指摘。クリエイターがモノ作りに集中できる環境を提供することの意義を強調した。

 同社にはLibin氏のビジョンに賛同したデジタルガレージや米ゼネラル・カタリストといった企業のほか、楽天の三木谷浩史氏やフランスの起業家であるザビエル・ニール氏などが合計2000万ドル以上を出資している。

 同社が最初に支援するのは、AI(人工知能)関連のスタートアップ企業。既に11社を支援しており、顔ぶれは消費者向けから企業向けまで幅広い。次に力を入れる分野として、量子コンピューティング、宇宙関連のスタートアップ企業を挙げた。

 東京オフィスは2017年2月に開設したサンフランシスコ本社に続くもので、ほぼ同じタイミングでパリにもオフィスを設けるという。

 日本を新しい拠点とした理由として、Libin氏は日本の「金継ぎ」の文化を引き合いに出した。金継ぎとは、壊れた陶磁器をつなぎ合わせ、金で装飾して修復することで、破損前よりも価値を高める伝統技法。金継ぎから「壊れることを前提にして準備しておくこと」などを学んだというLibin氏は、「金継ぎの文化を生んだ日本は、(リスクを取って事業創出に取り組む)スタートアップ企業を生み出す土壌がある」と語り、これが日本を拠点に選んだ理由だとした。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【情総研レポート】

    IT業界が期待する新たな営業手法、インサイドセールス

     勤務先に名前も聞いたことのない会社から電話が入る。出てみるとマンションなどの不動産投資の勧誘だった──。 電話で営業というと、あまり良いイメージがないのは筆者だけではないだろう。だが、こうした手法が姿を変え、今や米国で営業の代表的手段となった。それが「インサイドセールス」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る