エム・データがTVメタデータをリッチ化、CMのタイム/スポット区分を追加

2017/07/24
田中 正晴=日経ニューメディア (筆者執筆記事一覧

 エム・データは2017年7月24日、現在提供中のTV-CMメタデータに対して、タイムCMあるいはスポットCMを区分したデータ提供を開始したと発表した。TVメタデータをよりリッチ化しようという取り組みである。

 新しいサービスでは、「タイム」「スポット(PT:パーティシペーション)」「スポット(SB:ステーションブレイク)」の三つに区分する。

図●タイムCMとスポットCMを区分したデータのイメージ
(出所:エム・データ)
[画像のクリックで拡大表示]

 エムデータが提供する「TV-CMメタデータ」と「TV番組メタデータ(提供スポンサーデータ)」を組み合わせて判定することで、区分判定の高精度化を図っている。CMメタデータに今回のような区分を新たに付与することで、「従来のTV-CMメタデータで確認できた自社や競合社などのTV-CM出稿状況の調査・分析の質や幅を深め、マーケティングデータとしての活用性が向上する」としている。

 区分したデータの提供は、7月1日に関東エリア(在京キー局)のTV-CMメタデータで始めた。今後、中京エリアや関西エリアへの拡大を計画する。またエム・データが提供するクラウド型ビッグデータ分析サービス「TV Rank」への「タイム・スポット分析サービス(仮称)」としての実装も予定する。

[発表資料へ]

今週のトピックス-PR-

今日のピックアップコンテンツ-PR-

>>もっと見る

ITpro Special

経営

>>もっと見る

▲ ページトップ

日経ニューメディア読者限定webサービス

  • 登録
  • ログイン

※記事をお読みになるには購読申し込みとは別にユーザーID,パスワードの登録が必要です。

登録内容の変更

日経ニューメディア記事検索

1999年1月4日号以降の「日経ニューメディア」本誌に掲載された記事を検索、閲覧できます。

日経コンピュータ Digital

ITpro partners

イベントINFO -PR-

無料見本誌

申込受付中!

通信と放送の
専門情報誌
無料見本誌

日経ニューメディア
プロのための
本物の情報がここに
★見本誌受付中