• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

金銀銅にブランドを刷新、インテルが新CPU「Xeonスケーラブル・プロセッサー」を発表

西村 岳史=ITpro 2017/07/12 ITpro

 インテルは2017年7月12日、サーバー向けの新CPU「Xeonスケーラブル・プロセッサー」を発表した。演算コアの接続方式やキャッシュ構造を見直すなどで性能を大幅に高めたほか、サブブランドを一新。これまでの「E5」「E7」から「Platinum」「Gold」「Silver」「Bronze」にした。最大コア数は28個。同時に56スレッドを実行できる。

 これまでXeonは、2ソケット対応の「Xeon E5」(Grantley-EPプラットフォーム)と4ソケット以上で利用できる「Xeon E7」(Bricklandプラットフォーム)に分かれていた。今回、これらの製品ラインアップをXeonスケーラブル・プロセッサーとして統合。「Purleyプラットフォーム」に1本化した。Xeonスケーラブル・プロセッサーそのものは「Skylake-SP」との開発コード名で呼ばれていた製品。Purleyプラットフォームは次のCPU「Cascade Lake」(開発コード名)も利用できる。

Xeonプロセッサーのロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]

 Xeonスケーラブル・プロセッサーはコア数や対応メモリー、CPU間接続の速度などが異なる4つのブランドで構成される。最上位はXeon Platinum 8100シリーズ。最大コア数は28で、同時に56スレッドを実行可能。最も動作周波数が高いモデルは3.6GHzで動作する。2/4/8ソケットのサーバーで利用できる。

 Platinumの下はXeon Gold 6100シリーズ。最大22コア(44スレッド)で、最高3.5GHzで動作するモデルがある。2/4ソケットのサーバーで利用可能。Xeon Gold 5100シリーズは、6100の下位で最大コア数は14。対応メモリーがDDR4-2400までとなる。このほか、最大12コアのXeon Silver 4100シリーズ、最大8コアのXeon Bronze 3100シリーズがある。いずれも2ソケットサーバーで利用可能だ。

Platinum、Gold、Silver、Bronzeのサブブランドに分かれた
[画像のクリックで拡大表示]

 Xeonスケーラブル・プロセッサーは、演算コアそのもの、コア間接続、キャッシュ構成、メモリーコントローラー、CPU間接続などを改良。インテルは、チップセットなどを含めた、サーバープラットフォーム全域にわたって変更した。これにより性能が向上。従来製品と新製品の上位モデル同士の比較では、2ソケット対応品は平均で1.65倍、4ソケット対応品は平均1.5倍の性能向上が得られるという。

Xeonスケーラブル・プロセッサーの改良は多岐にわたる
[画像のクリックで拡大表示]
2ソケットサーバーでのベンチマークテスト結果
[画像のクリックで拡大表示]
4ソケットサーバーでのベンチマークテスト結果
[画像のクリックで拡大表示]
様々な実アプリケーションで性能を発揮できるとアピール
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 演算コア周りで最も大きな改修点は、コア間接続に「...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【「iPhone X」は買いか?】

    iPhone Xを選ぶ5つの理由

     iPhone Xは、最近はiPhoneとAndroidスマートフォンの2台持ちが当たり前になっていた筆者にとって「買わない理由が見当たらない」1台だ。2台持ちに至っていた不便さを、ホームボタンの廃止や顔認証の導入で一気に解消してくれる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る