• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

Raspberry Pi Zero Wが技適を通過、4カ月遅れで日本上陸へ

高橋 秀和=ITpro 2017/07/12 ITpro
マッチ箱大の無線付きPCボード「Raspberry Pi Zero W」
(出所:ケイエスワイ)
[画像のクリックで拡大表示]

 電子部品商社のケイエスワイは2017年7月12日、無線LAN搭載の小型PCボード「Raspberry Pi Zero W」を同年7月18日に発売すると発表した。当初は3月中旬の販売開始を予定していたが、電波法に基づく技術基準適合証明等の認証(いわゆる技適)が未取得だったため、発売を延期していた。

 Raspberry Pi Zero Wは、教育用コンピュータとして英ラズベリーパイ財団が開発したRaspberry Piシリーズのうち、マッチ箱大の小型版である「Raspberry Pi Zero」の無線インタフェース搭載モデル。1GHz動作のCPU、512Mバイトのメモリー、IEEE 802.11b/g/nおよびBluetooth 4.0の無線インタフェース、ミニHDMI、USB 2.0対応のmicroUSBポートなどを備える。外形寸法は幅65×奥行き30×高さ5mm。価格は1200円(税別)。

 2017年2月28日の発表時点で、開発元のラズベリーパイ財団は技適を未取得だったが、基板上に技適マークを印刷。技適番号が併記されず、法令に準拠しない状態だった。国内発売分は、技適マークのシールが貼付された状態で出荷する予定。ラズベリーパイ財団からの新規出荷分は、正規の技適マークのものに順次切り替わる見込み。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る