• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

ドコモ契約数に占めるMVNO比率は11%弱の800万件程度、総務省調査

榊原 康=日経コミュニケーション 2017/06/30 日経コミュニケーション

 総務省は2017年6月30日、2017年3月末における通信サービスの契約数とシェアを公表した。今回、携帯電話大手3社の契約数に占めるMVNO(仮想移動体通信事業者)の比率が明らかになった。NTTドコモを例に挙げると、同社の契約数の11%弱をMVNO分が占め、800万件程度に達していた。

 総務省によると、2017年3月末における携帯電話の契約数は1億6273万件。事業者別のシェアはNTTドコモが41.1%、NTTドコモ系MVNOが4.9%(約797万件)、KDDIグループ(au)が28.2%、KDDIグループ系MVNOが1.6%(約260万件)、ソフトバンクグループが22.1%、ソフトバンクグループ系MVNOが2.0%(約325万件)だった。

携帯電話の契約数における事業者別シェアの推移。「(卸)」はMVNO分を意味している。
(出所:総務省)
[画像のクリックで拡大表示]

 携帯電話の契約数におけるMVNOのシェア合計は8.5%。同数値を基にMVNOにおける携帯電話大手3社のシェアを算出すると、NTTドコモが57.6%、KDDIグループが18.8%、ソフトバンクグループが23.5%となる。格安スマホ市場ではNTTドコモの回線を活用したサービスが目立つが、ソフトバンクグループは通信モジュールを中心に法人向けで地道に実績を積み重ねている。このため、ソフトバンクグループ系MVNOのシェアがKDDIグループ系MVNOのシェアを上回ったとみられる。

 一方、PHSとBWA(広帯域移動無線アクセスシステム)を含めた移動系通信の契約数は2017年3月末で1億6792万件(大手3社によるグループ内取引を除く)。事業者別のシェアはNTTドコモが39.8%、NTTドコモ系MVNOが4.8%(約806万件)、KDDI(au)が26.8%、KDDI系MVNOが2.6%(約437万件)、ソフトバンクグループが24.0%、ソフトバンクグループ系MVNOが2.1%(約353万件)だった。

移動系通信の契約数における事業者別シェアの推移。「(卸)」はMVNO分を意味している。
(出所:総務省)
[画像のクリックで拡大表示]

 BWA市場を見ると、ソフトバンク系のWireless City Planningよりも、KDDI系のUQコミュニケーションズのほうがMVNOへの浸透が進んでいる。このため、移動系通信では、KDDIグループ系MVNOのシェアがソフトバンクグループ系MVNOのシェアを上回ったと推測される。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る