• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

クラウドAI「Clova」をプラットフォームに、LINEが事業戦略

佐藤 雅哉=日経コンピュータ 2017/06/16 日経コンピュータ

 LINEは2017年6月15日に開催した「LINE CONFERENCE 2017」で、クラウドAI「Clova」を活用した事業戦略を発表した。スマートフォンだけでなく、ウエアラブル機器やIoT機器、自動車や小売店舗などもClovaとつないで人工知能(AI)機能を利用できるようにする。Clovaと連携できるスマートデバイスの普及を促進させることで、新しいビジネスモデルを創出する狙いだ。

クラウドAI「Clova」を活用した事業戦略を紹介するLINEの出澤剛社長CEO(最高経営責任者)
[画像のクリックで拡大表示]

 LINEの舛田淳取締役CSMO(チーフストラテジー&マーケティングオフィサー)は今後5年から10年を見据えた経営戦略として、「あらゆるデバイスがつながるプラットフォームを拡大し、パートナーと協力してエコシステムを構築する」と述べた。そのための施策としてLINEは、AIスピーカー「WAVE」といった製品を積極的に市場に普及させていく。そこで得られた成果をパートナー企業に共有することで、事業展開を促進させる。

LINEはあらゆるデバイスをClovaへつなげ、新しいビジネスモデルの創出を目指す
[画像のクリックで拡大表示]

 同社のClovaにビッグデータを収集する仕組みを整え、他企業との協業も積極的に進める。イベントではトヨタ自動車とコネクテッドカーサービスの提供に向けた合意締結を発表。ファミリーマートと伊藤忠商事とは、Clovaのデータ分析を活用した店舗管理システムや新サービスの開発に向けて基本合意書を締結したと発表した。

 グローバルでは、米グーグルや米アップル、米フェイスブックなどがビッグデータ活用で先行する。これらの企業を念頭に舛田氏は、「LINEは日本に特化した技術開発を進めており、日本最大級のビッグデータを持つ。利用者のIDとひもづけてさまざまなデータを学習し、事業を展開できる」と独自の強みを強調した。

 LINEは次の5年を見据えた経営戦略として、LINEをさまざまなサービスに連携させる「Connected」、動画サービスを充実させる「Videolized」、AIサービスを普及させる「AI」の三つの分野に注力する。その中でもAI分野では、Clovaを活用して生活のあらゆる場面にAIサービスを提供する目標を掲げる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    エンジニアが知っておきたい夏バテ撃退法

     暑い日が続く2017年の夏。「夏バテ気味だ」と感じる読者は多いかもしれない。なかには猛暑で体力を奪われ、食欲が落ちている人もいるだろう。そこでこの夏休みスペシャルでは、IT企業でエンジニア向けの保健指導を務める金橋治美氏(保健師)に、夏バテを解消する夏休みの有意義な過ごし方を聞いた。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る