• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

Box導入の理由は「セキュリティ」、利用企業がパネルで一致

下玉利 尚明=タンクフル 2017/06/12 ITpro

 Boxは2017年6月9日、第4回目となる年次イベント「Box World Tour Tokyo 2017」を東京・渋谷で開催した。「クラウドイノベーターパネルディスカッション」には、AGC 旭硝子 情報システム部長 伊藤 肇氏、丸紅 情報企画部長 徳田幸次氏、JFEスチール 理事 IT改革推進部長 新田 哲氏が登壇。Box Japan 代表取締役社長 古市克典氏をモデレーターに、Box導入の経緯やその活用状況などについて紹介した。

パネルディスカッションの様子。左からBox Japan 代表取締役社長 古市克典氏、AGC 旭硝子 情報システム部長 伊藤 肇氏、丸紅 情報企画部長 徳田幸次氏、JFEスチール 理事 IT改革推進部長 新田 哲氏
(撮影:下玉利 尚明、以下、同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 パネルディスカッションではまず、モデレーターの古市氏が、各社にクラウド活用の状況を尋ねた。旭硝子の伊藤氏は、「東日本大震災を契機にディザスターリカバリィ(DR)、事業継続性を真剣に考えたことがクラウド導入の契機だった」と説明した。旭硝子では、現在、アプリケーションやサービスをSaaS型で活用しているだけでなく、基幹系システムもクラウド移行を進めているという。

[画像のクリックで拡大表示]

 丸紅の徳田氏は、ビジネス環境が目まぐるしく変化する中、「IT活用を営業に資するものにしたかった」と述べ、スピーディーにIT環境を整備・運用できるクラウドを導入したことを説明した。徳田氏によると、丸紅ではクラウドにAWS(Amazon Web Services)を採用し、「丸紅本社の全体でBoxも導入した。グループ会社が多いが、そちらにはまだ導入していない」という。

丸紅 情報企画部長 徳田幸次氏
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、JFEスチールの新田氏は、「JFEスチールでは『クラウドファースト』に取り組んでいる。基幹系はIBMのプライベートクラウドと、当社の情報子会社のクラウドサービスを活用している。併せてCRMなどもクラウド化し、現在はマルチクラウドの状況だ」と紹介した。

JFEスチール 理事 IT改革推進部長 新田 哲氏
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 「容量制限がないのも使いやすい」
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る