• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

デルが「フレームレス」のデスクトップPC、AMDのRyzen搭載

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2017/06/09 ITpro

 デルは2017年6月9日、都内で新製品発表会を開催し、米AMD製のCPUを採用したオールインワン型PCを2機種と、ゲーミングデスクトップ1機種を発表した。いずれも同日販売を開始した。

 発表会に登壇したデル常務執行役員ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏は、「台湾で開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2017で、複数の製品が受賞するなど高い評価をいただいた。今回発表するAMDのRyzenを搭載したPCのように、イノベーティブな製品をタイムリーに発売していきたい」と語った(写真1)。

写真1●デル常務執行役員ビジネス&コンシューマー事業統括本部長の渡邊義成氏
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて米デル コンシューマーおよびスモールビジネス・プロダクトグループ担当シニア・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーのレイモンド・ワー氏が登壇。デルのPC事業について米IDCの調査を引用し、「グローバルでのPC出荷台数は960万台で、2017年第1四半期には6.2%増加した。市場平均を上回る成長だ」と語った(写真2、3)。

写真2●米デル コンシューマーおよびスモールビジネス・プロダクトグループ担当シニア・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャーのレイモンド・ワー氏
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●デルのPC事業の概要
[画像のクリックで拡大表示]

 2016年のPC市場が1年間で5.3%のマイナス成長だったのに対し、デルは4.7%成長しており、「市場平均から10ポイントリードしている。トップ10のPCベンダーの中で最も勢いがある」(ワー氏)とアピールした。

 デスクトップPCの市場規模については、「依然として大きい。デスクトップPCか、ノートPCを大型ディスプレイとともに使用するユーザーは、世界に11億人いるとの調査もある。本格的な仕事をするには大型ディスプレイが快適だ」(ワー氏)と分析した。

 また、PC買い替えの最も大きな理由は「パフォーマンス」であると分析。そしてデルがインテルではなくAMD製CPUを採用した背景として、「これまでデスクトップPCはややイノベーションが停滞していたが、AMDから最新のCPUが出るタイミングが我々の戦略と一致した。PCゲーミング市場は年間20億ドルに拡大し、2020年までにアクティブにVRを使うユーザーは2億1600万人に達する。PCにはますますパフォーマンスが求められる」(ワー氏)と語った。

 オールインワン型のPCとしては、「Inspiron 27 7000フレームレスデスクトップ」を発表した(写真4)。CPUにAMD製のRyzen 5またはRyzen 7を搭載、フルHDモデルでは7.96mmのベゼルを採用した27インチの「フレームレスディスプレイ」が特徴になる(写真5)。4K解像度のVR対応モデルも、7月に発売する。「フレームがないデザインにより、没入感のある映像体験が得られる。HDMI入力も可能なので、他のPCの外部ディスプレイとしても利用できる」(ワー氏)と語った。

写真4●Inspiron 27 7000フレームレスデスクトップ
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●展示機は「Ryzen 5」とフルHDディスプレイを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 24インチディスプレイの「Inspiron245...
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る