• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

iPhoneのインド生産始まる、狙いは価格引き下げとブランド構築か

小久保 重信=ニューズフロント 2017/05/18 ITpro

 米Appleがかねて計画していた、iPhoneのインドにおける組み立て生産が始まったと、米Wall Street JournalインドEconomic Timesなどの海外メディアが現地時間2017年5月18日までに報じた。

 Appleの製造パートナーである台湾の電子機器製造受託業者、Wistron(緯創資通)が、インド・カルナータカ州の州都バンガロールで、廉価モデル「iPhone SE」の組立業務を専門に行う工場を準備していたが、このほどその試験操業が終わった。Economic Timesによると、今後この工場では月産2万5000~5万台体制でiPhone SEが組み立てられ、5月の第3週にも最初のインド産iPhoneが店頭に並ぶ可能性がある。

 Wall Street Journalによると、中国市場でiPhoneの販売が減速する中、Appleはインドにおける自社ブランド構築の新たな手法を模索しており、インド生産はその一環という。またiPhoneをインドで生産することで、その販売価格を引き下げられる可能性もあるという。

 インドでは現在、廉価モデルのiPhone SEが約320ドルで販売されているが、現地のスマートフォン平均販売価格は約150ドルで、iPhone SEは依然多くの人々にとって割高。ただ、いずれにしてもAppleはiPhoneの電子部品をインドに輸入しなければならず、部品関税を支払う必要がある。このためAppleはインド当局に税の軽減措置などを求めている。

 一方でインドでは、Narendra Modi首相が「Make in India(インド製造業の促進)」政策を進めており、インド政府はiPhoneのインド工場を歓迎しているという。ある政府関係者は、「AppleはインドにおけるiPhoneの製造を拡大する可能性がある」と話している。またインド商工相は、「Appleをインドに招くことは我が国の威信に関わること」と述べているという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る