• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

WannaCryにWindows 7機が感染、川崎市上下水道局

井上 英明=日経コンピュータ 2017/05/16 日経コンピュータ

 川崎市上下水道局は2017年5月15日、1台のPCがランサム(身代金)ウエアに感染したと公表した。インターネットに直接接続するPCが感染したが庁内ネットワークには接続していないため、川崎市の庁内ネットワークには影響がないという。

ランサムウエア感染を知らせるリリース
(出所:川崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

 感染したのは国際事業推進に使うPCで、川崎市の規定を超える容量のメールをやり取りする用途に使っていた。担当者は5月12日、朝から異常なくPCを操作し、シャットダウンして帰宅。週明けの15日午前8時ごろに起動させたところ、「画面に表示されるフォルダーが少ないと気が付いた」(上下水道局総務部情報管理課)。

 再起動してもフォルダー数は少ないままで、一部のファイルが開かなかった。異常を察知した担当者は抜線して、情報管理課に相談、PCを持ち込んだ。情報管理課で確認すると金銭を要求する請求画面が表示されたという。同課は「WannaCryに感染したと考えている」と話す。

WannaCryが表示する身代金要求の画面
(出所:情報処理推進機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 同PCのOSはWindows 7で、パッチを適用していたかは「担当者が海外出張しヒアリングできず不明」(同課)。庁内LANにつながるPCはパッチ適用状況を管理しているが、接続していないPCは現場に任せていたという。

 同PCはほとんどメール専用端末として使っていて、スパムメールも大量に着信していた。12日の時点でメール経由で感染した可能性がありそうだ。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「無人」だから客が集まる、チャットボット接客が続々

     小売業界では、販売スタッフの立っている場所で客が立ち寄りやすい店になるか、入りにくい雰囲気の店になるかが分かれるという。立ち寄りやすい店は店員の存在感をあまり感じさせない。この知恵がネットビジネスの分野でも生きようとしている。人に代わって最初に“接客”するのはチャットボットだ。

  • 【ニュース解説】

    マイクロソフト、AIでOfficeを刷新

     米マイクロソフトは2017年5月に米国と日本で開催した開発者向け年次イベントで、新サービスや新機能を多岐にわたって発表した。重点的な強化ポイントは、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)、データベースの三つ。なかでもAIについては、PowerPointなどに組み込んで、刷新といえる大きな…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る