• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

エッジのARM移行では標準化が重要、アドバンテックがIoTエッジサーバーの説明会

林 徹=タンクフル 2017/05/11 ITpro

 アドバンテックは2017年5月11日、IoTプラットフォーム「エッジインテリジェンスサーバ EISシリーズ(以下、EIS)」の説明会を開催した。説明会では、日本法人の社長兼日本地区最高責任者のマイク小池氏が、IoTプラットフォームの普及に向けた同社の取り組みと「ELAA(Embedded Linux& Android Alliance)」の意義について説明した。

アドバンテック日本法人 社長兼日本地区最高責任者のマイク 小池氏(撮影:林 徹、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
IoTの成長フェーズにドメインフォーカスのクラウドサービスが今後大きな市場を占めるという
[画像のクリックで拡大表示]

 小池氏によれば、アドバンテックはIoT市場の中でも特に製造に注目しているという。「今後日本では労働人口が減少するため『インダストリー 4.0』が必須になる。IoTを使った技術継承が重要になるからだ」と述べた。

アドバンテックはスマートファクトリーとスマートシティにフォーカスする
[画像のクリックで拡大表示]

 そうした状況のなか、同社は2017年5月10日にEISシリーズを発表。その意義について、「ネットワーク上にあるデータの45%が『エッジ』に存在する。それらをクラウドに届けるソリューションがEISシリーズだ」と説明。ソリューションとして、「EIS単体とセンサー類を同梱したスターターキットをオンラインで販売する」と語った。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る