• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

KDDIがDC事業「TELEHOUSE」を強化、ハードブレグジットでも堅調

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2017/04/21 ITpro

 KDDIは2017年4月21日、都内でグローバルICT事業についての説明会を開催し、同社が国内外に展開するデータセンター「TELEHOUSE」を中心とした最新情報を公開した。

 説明会には同社執行役員 グローバル事業本部長の曽雌博之氏が登壇。今月グローバル事業本部長に就任した曽雌氏は同事業について、「現地採用を含め5900人の体制。コンシューマー、ICT、キャリアビジネスの三つの事業を展開している」と紹介した(写真1、2)。

写真1●KDDI 執行役員 グローバル事業本部長の曽雌博之氏
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●KDDIのグローバル事業
[画像のクリックで拡大表示]

 データセンター事業の説明では調査会社の市場予測を引用。世界のデータセンター市場規模は2017年の344億ドルから2020年には457億ドルに拡大し、年平均で10%伸びる見通しを示した。データセンターが扱うIPトラフィックも増加しており、2017年の8.6ZB(ゼタバイト)から2020年には15.3ZBを見込むとした。増加要因にはビッグデータやクラウド、IoT(インターネット・オブ・シングズ)、超高解像度コンテンツの登場を挙げた(写真3)。

写真3●データセンター市場は2020年まで年10%で拡大
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIが展開するTELEHOUSEについては、「30年に及ぶ歴史があり、海外ではKDDIよりTELEHOUSEのブランドが知られている。当社参入前は通信キャリアが設備の一部を貸し出すサービスに過ぎなかったが、KDDIはどのキャリアとも接続するキャリアニュートラルを打ち出したことが画期的だった」(曽雌氏)と紹介した(写真4)。

写真4●TELEHOUSEの30年の歴史
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ TELEHOUSEの売上高は世界5位で、サイト別...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【Apple Pay最新事情】

    NFC開放から占うApple Payの未来

     WWDC17におけるApple Payの最大の話題は、新機能「個人間(P2P)送金」の提供だった。一方でiOSエコノミーの開発者らの間では、iOS 11で初めて「NFC(Near Field Communication)」機能の開放が行われて大きな話題になっている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る