• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

NTTぷららと吉本興行、関西のテレビ局と連携し「大阪チャンネル」開始

まずは関西の非常に面白くてディープな番組を1000本用意

田中 正晴=日経ニューメディア 2017/04/18 日経ニューメディア

 NTTぷららと吉本興業は2017年4月18日、関西のテレビ局と連携した映像配信サービス「大阪チャンネル」の提供を4月25日に開始すると発表した。

図1●NTTぷららと吉本興業が「大阪チャンネル」でタッグ(左がよしもとクリエイティブ・エージェンシーの山地克明氏、右がNTTぷららの板東浩二氏)
[画像のクリックで拡大表示]

 「大阪チャンネル」は、関西のエンターテインメント番組を中心に編成し、独自性を追求する映像配信サービスとして提供する。定額制の見放題サービスとして提供する。配信サービスとしては初の提供となるアーカイブ番組や見逃し配信、劇場ライブなど開始時には約1000本を用意する予定。

図2●関西のテレビ局と連携
(出所:NTTぷらら、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 サービスは、関西の放送局である毎日放送、朝日放送、テレビ大阪、関西テレビ放送、読売テレビ放送、サンテレビなどと連携して提供する。連携する放送局は、今後拡大していく予定。

図3●提供コンテンツの例
[画像のクリックで拡大表示]

 大阪チャンネルの提供形態としては大きく二つを用意する。一つは、モバイル向けアプリを通じた提供である。月額480円(税込み)で、モバイル端末のみで視聴できる。もう一つは、ひかりTV契約者向けにプレミアムビデオ(月額パック見放題サービス)として提供する。料金は月額432円(税込み)で、テレビ、モバイル、パソコンで視聴できる。

図4●二つの形態で提供
[画像のクリックで拡大表示]

 4月18日に開催されたNTTぷららの2017年度上期事業説明会においては、このサービスを上期の目玉として紹介した。「大阪を中心にした関西エリアでは、非常に面白くてディープな番組がたくさんある。それをそのままおいておくのはもったいない」(代表取締役社長の板東浩二氏)とチャンネルの狙いを説明、「いままでネットで提供されておらず、今回の大阪チャンネルが初というコンテンツが豊富にそろっている」ことなどを特徴として紹介した。大阪チャンネルだけで見れるオリジナル番組(第一弾は4月25日に発表予定)を用意することも特徴という。

 この日の説明会に参加したよしもとクリエイティブ・エージェンシーの山地克明氏(執行役員 マネジメントセンター センター長、コンテンツビジネス担当)は、「吉本興業にとっても非常に大事なサービスと位置づけている」と述べた。「我々は、大阪をいかに盛り上げるかを使命にしている。大阪チャンネルを通じて大阪・関西の魅力を再認識してもらえれば、と強く思っている。この思いに、関西の各テレビ局やNTTぷららに賛同してもらい、大阪が育んで来た独自の放送文化を全国に展開できることになった」「現状こういったサービスはほかにない」とした。

 今後については、「現状はバラエティ中心に展開しているが、大阪・関西ならではのドラマ、ドキュメンタリといったコンテンツもそろえていく」(山地氏)とした。現時点で決まっているわけではないが、将来の抱負として「大阪・関西から展開を始めたが、NTTぷららと一緒にぜひ、九州、北海道、名古屋など全国に展開していきたい」と思いを述べた。

 説明終了後の質疑応答において、NTTぷららは、目標値などを明らかにした。「最低でも3年で30万会員を集めたい」という。内訳については、「広くひかりTVに未加入のユーザーに加入してらいたいと考えている」とし、主にスマホアプリを利用して視聴するユーザーを中心にユーザー開拓していく考えを説明した。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る