• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

日本AMDが新CPU「Ryzen 5」をアピール、「3万円で6コア/12スレッド」

林 徹=タンクフル 2017/04/14 ITpro

 日本AMDは2017年4月14日、同社の新型CPU「Ryzen(ライゼン)」の報道関係者向け説明会を開催した。同社は3月に高性能PC向けのRyzen 7を発売した後、4月11日にはミドルクラスのRyzen 5も発売してラインアップを拡大。説明会では、Ryzen 5の位置付けや米インテル製CPUに対する優位性を解説した。

 Ryzenは、新設計の「Zenアーキテクチャー」を採用したPC向けのCPU。3月に出したRyzen 7は、同社が「エンスージアスト(熱心な)ユーザー向け」とする8コア/16スレッド(スレッドはプログラムの実行範囲の1種)のモデル。4月11日に出したRyzen 5は、4コア/8スレッドまたは6コア/12スレッドのモデルで、Ryzen 7よりも低い価格帯で販売する。

 説明会では、まず、日本AMDジャパンセールスマネージャーの末崎 秀昭氏が登壇した。末崎氏は「今までの製品は競合他社の性能に及ばなかったが、Ryzenシリーズは競合を上回る性能がある」とアピール。3月発売のRyzen 7によって「市場の反応がガラッと変わった。高性能デスクトップPC市場全体に刺激を与えた」と述べた。

日本AMD ジャパンセールスマネージャーの末崎 秀昭氏
(撮影:林 徹、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 Ryzenシリーズは、CPUに内蔵した多数のセンサーからのデータを利用して、動作周波数や電力を動作状況に応じて最適化する「SenseMIテクノロジー」を搭載している。末崎氏は「ストレスは無く、快適さを感じ取れる」と機能面での優位性も強調。「2017年はRyzen以外にも多くの製品を投入する。」と今後の製品展開に期待を持たせた。

 続いて、米AMD Desktop Processor Marketing ManagerのDon Woligroski氏が登壇し、Ryzen 7の3モデルとRyzen 5の4モデルについて説明した。

米AMD Desktop Processor Marketing ManagerのDon Woligroski氏
[画像のクリックで拡大表示]

 Don Woligroski氏によると、Ryzen 7で競合に対する優位性は示せたものの、この価格帯の市場はCPUの出荷数そのものが少ないという。一方、CPU単体価格が300ドル以下の市場は、Ryzen 7の価格帯の市場に比べて規模が2倍。Ryzen 5はそうしたより大きな市場に向けて出した製品であるとした。

Ryzen 7の仕様概要や米国での価格と、AMDが対抗と位置付けているインテル製CPUとの性能比較
[画像のクリックで拡大表示]
Ryzen 5の仕様概要と価格。秋葉原のPCパーツ店での店頭価格もほぼ同じだった。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ DonWoligroski氏は、エンコードやレン...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る