• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

日本エイサーが留守宅のペットと交流できるワイヤレスカメラ「PAWBO+」

下玉利 尚明=タンクフル 2017/04/04 ITpro

 日本エイサーは2017年4月4日、スマートデバイスで操作できるワイヤレスプレイカメラ「PAWBO+(パワボプラス)」の製品発表会を開催した。留守宅にいるペットと飼い主とのコミュニケーションを楽しめるカメラで、専用のスマートフォンアプリ「Pawbo Life」で外出先から留守宅のペットの写真や動画を撮影したり、スマートフォンからペットに呼びかけたりできる。アプリの「おやつボタン」を操作すると、外出先からでもPAWABO+にストックしておいた「おやつ」をペットに与えることも可能だ。メーカー希望小売価格は2万9800円(税込)で、2017年4月11日から発売開始する。AmazonとAcer Direct楽天市場で4月4日から先行予約の受付を始めた。

 同社の谷 康司プロダクトマーケティングマネージメント部 マーコム&マーケティング シニアマネージャーは、「本社から日本での販売を伝えられたとき、パソコンなどとは異なり、これまで取り扱ったことのない製品だったので戸惑いもあった」と率直な感想を述べた。続けて、「私も含めて社内のペット好き社員に実際に使ってもらったところ、エイサーが考える『人びとの暮らしを豊かにしたい』という想いを形にできると感じた」と背景を説明した。同社は販売目標は明らかにしていないが、ネット通販や家電量販店などの販売チャネルを活用し、「早い段階で『数万のオーダー』となるように力を入れていく」(谷氏)という。

日本エイサー プロダクトマーケティングマネージメント部 マーコム&マーケティング シニアマネージャーの谷 康司氏
(撮影:下玉利 尚明、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 「PAWBO+」を使うと、スマートフォンやタブレット端末からの操作でペットの写真や動画を撮影して「コミュニケーションが楽しめるのが魅力」(谷氏)という。谷氏は自身が実際に使っていたときを振り返り、「PAWBO+にはスマートフォンなどのデバイスを8台まで接続できる。外出先からペットに呼びかけると妻や娘が自分のスマートフォンから『今、寝てるよ』というように答えてきたり、ペットとPAWBO+を中心にしたコミュニケーションが自然と生まれた」(同)。

 製品発表会の後半は、発表会場である東京・代々木の「ペット一緒に楽しめるカフェ」の「anea cafe」を運営するanea designの代表取締役社長の横町 健氏、日本エイサーのプロダクトマーケティングスペシャリストのCody Lin氏によるトークショーが開かれた。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 実際に「PAWBO+」を使ってみた横町氏は、「仕...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【USBの謎】

    USBコネクタの互換性、知っておきたい3つの常識

     USB HDDに付属する専用ケーブルを忘れてデータが取り出せない、USB 3.0を示す青色ポートが見当たらない、形状の合ったケーブルなのに速度が出ない。これらのトラブルに直面しても、互換性を重視してきたUSB仕様の常識を知っておくと困らずに済む。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る