• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

Instagram、最新アプリでライブ動画の保存が可能に

鈴木 英子=ニューズフロント 2017/03/21 ITpro

 米Facebook傘下のInstagramは現地時間2017年3月20日、iOS版およびAndroid版アプリケーションのアップデートを発表した。最新アプリケーション(バージョン10.12)では、ライブ配信した動画を保存できる。

画面●最新アプリケーション(バージョン10.12)では、ライブ配信した動画を保存可能になった
(出所:米Instagram)
[画像のクリックで拡大表示]

 Instagramは、米Snapのフォトメッセージングサービス「Snapchat」で提供しているような、一定時間で投稿が消える「Instagram Stories」機能の提供を2016年8月に開始し、同年11月にはこれにライブ動画配信を追加した。

 ライブ動画を配信するには、フィード画面をスワイプするか、ホーム画面のカメラアイコンをタップして専用カメラを起動し、「Start Live Video(ライブ配信を開始)」ボタンをタップする。ライブ配信を始めるとフォロワーに通知が送られ、最長1時間のライブ動画を配信できる。視聴者は配信中の映像にコメントを入れたり、「いいね」を付けたりできる。ライブ配信を終了すると視聴者数などが表示される。

 これまでは、ライブ配信が終わると動画は自動で削除されたが、配信終了時に画面右上に表示される「Save(保存)」をタップすれば、動画を端末のカメラロールに保存できる。ただしコメントや「いいね」、視聴者数などは残らない。

 動画はアプリケーションではなくライブ配信したユーザーの端末に保存されるので、視聴者が保存および再生することはできない。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【最新Java情報局】

    Java SE 9のProject Kulla、JShellの動作とJShell API

     3回に渡ってProject Kullaで提供しているJShellの使い方について紹介してきました。今回は、ちょっと趣向を変えて、JShellが提供しているAPI、JShell APIについて解説します。JShell APIを使えば、アプリケーションにJShellの機能を取り入れることができます。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る