• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

Samsung、AI音声アシスタント「Bixby」を正式発表 「Galaxy S8」に搭載へ

鈴木 英子=ニューズフロント 2017/03/21 ITpro

 韓国Samsung Electronicsは現地時間2017年3月20日、人工知能(AI)を活用したデジタルアシスタント「Bixby」について明らかにした。今月末に発表予定の次期フラッグシップ機「Galaxy S8」に搭載する。将来的にはテレビなど家電製品にも拡大する。

 Bixbyを搭載したデバイスでは、アプリケーションがBixbyに対応していれば、ほとんどすべてのタスクをBixbyに音声で命じて実行できるという。

 対応アプリケーションを使用中にいつでもBixbyを起動でき、Bixbyはアプリケーションの状態や文脈を理解してユーザーが実行中のタスクを引き継ぐ。ユーザーは音声命令でもタッチ操作でも、モードを切り替えたりすることなく、その時々で使いやすいと感じる手段で作業を進められる。

 音声コマンドが不完全でも、Bixbyはまず知る限りのタスクを実行する。それからユーザーにより詳細な情報の提供を促し、段階的にタスクを完了する。

 Galaxy S8をはじめとするSamsungの新規デバイスには、本体の側面にBixby専用ボタンを搭載する。Bixbyボタンを押し、簡単な音声コマンドを発するだけで、電話をかけたりできる。

 Galaxy S8では、当初、一部のBixby対応アプリケーションをプリインストールし、段階的に対応アプリケーションを拡大する。また、サードパーティーが自社アプリケーションをBixbyに対応させるためのツールをSDKで提供する。

 また、Samsungはスマートフォンだけでなく、段階的に同社のすべての機器をBixby対応にする計画という。

 Samsungは昨年10月、米Appleのパーソナルアシスタント「Siri」の開発メンバーらが立ち上げた米Viv Labsを買収すると発表し、同年11月に、Viv Labの技術を利用したデジタルアシスタントをGalaxy S8に搭載する計画だと報じられた。なお同社は3月29日に製品発表イベントを開催する予定で、その際Galaxy S8を初披露すると見られている。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ゼロから分かるRPA】

    全ての企業がいま「RPA」に本腰を入れるべき理由

     「RPA」がエンタープライズIT分野における2017年の注目キーワードであることに異を唱える人は少ないだろう。この連載ではRPAの基礎知識はもちろん、導入に必要な要件や、ツール選びの勘どころなどをできるだけ平易に説明していきたい。RPA導入を検討している読者の皆さんの一助になれば幸いである。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る