• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

KDDIがIoTでトイレ管理、長く滞在すると管理者に通知も

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2017/02/21 ITpro

 KDDIは2017年2月20日、法人向けIoTクラウドサービスの説明会を開催し、トイレの空室や節水を管理する新サービスを発表した。オフィスビルや商業施設などを対象に、2017年3月以降に提供開始する。

 説明会には、KDDI ソリューション事業本部 ビジネスIoT推進本部 ビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏が登壇。「日本で話題のIoTだが、KDDIでは15年前から手がけている。現在ではIoTクラウド、回線サービス、デバイスを含めたワンストップサービスを提供している」と同事業について紹介した(写真1、2)。

写真1●KDDI ソリューション事業本部 ビジネスIoT推進本部 ビジネスIoT企画部長の原田圭悟氏(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●M2M向け通信モジュールに15年の実績
[画像のクリックで拡大表示]

 これらのソリューションを法人向けに提供する中で、「分かりやすいIoT」を求める声があったという。「初期投資なしで手軽に始められるものを検討していく中で、誰もが毎日使うトイレにコアニーズがあると考えた」(原田氏)と説明した。

 実際にはオフィス環境では、トイレが重視される傾向にあるという。原田氏が実施した調査では、「空調」に次いで「トイレ」が2位に挙げられ、女性の回答では1位だったという。また、トイレで困ることとしては男女ともに「個室ブースの数が足りない」点を挙げ、「オフィス環境では、トイレが使いたいときにふさがっていることが問題だ」(原田氏)と指摘した。

 これに対してKDDIは、IoTを用いたトイレの「空室管理」と「節水管理」の2つのサービスを提供する(写真3)。

写真3●IoTを用いたトイレの「空室管理」と「節水管理」サービスを提供
[画像のクリックで拡大表示]

トイレに長く滞在すると管理者に通知が行く

 空室管理サービスは、トイレの扉部分にマグネットセンサーを配置。開閉を検出すると、トイレ内に設置した専用のゲートウェイ端末を経由し、KDDIが運営するクラウドにデータを送信することで実現する(写真4、5)。

写真4●扉の開閉をマグネットセンサーで検出
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●BluetoothとWi-Fiのゲートウェイ端末(通常は掃除用具入れなどに設置する)
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る