• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

マイクロソフト、AIとロボットで接客するためのクラウドサービス

日川 佳三=ライター 2017/02/17 ITpro

 日本マイクロソフトとヘッドウォータースは2017年2月17日、実店舗においてロボット型デバイスと人工知能(AI)を組み合わせた接客を可能にする「クラウド型“顧客おもてなしサービス”」を発表、同日提供を開始した。小売、飲食、サービス業などに向けて、ヘッドウォータースを通して販売する。価格(税別)は、初期費用不要で月額3万円から。販売目標は2020年までに200社。

クラウド型“顧客おもてなしサービス”の概要
(出所:日本マイクロソフト、ヘッドウォータース)
[画像のクリックで拡大表示]

 Microsoft AzureのAI機能「Cognitive Services」と、ヘッドウォータースが提供する、ロボット型デバイスを活用するためのクラウドサービス「SynApps」を統合させたパッケージサービスである。実店舗において顧客との接点となるロボット型デバイスと、ロボットや各種センサーが収集したビッグデータを管理・分析する機能を提供する。

 具体的には、AI技術とロボット型デバイスを活用して顧客を顔認識し、自然言語による会話で接客する。センサーを活用して顧客の来店・退店を確認したり、指定した場所に滞在していることを確認したりする。ロボット型デバイスと連動した商品の注文と決済も行う。注文データなどをクラウドに蓄積して分析し、顧客に適したサービスを提示する。

 必要なクラウドサービスを組み合わせてパッケージ化したことによって、システム開発に必要な初期費用を不要とした。ロボットの調達から環境のセットアップ、テスト、保守などが含まれたサービス一式を、月額課金型のサブスクリプションモデルで提供する。ニーズに応じて機能を拡張できる。

 設置するロボット型デバイスは、小型ロボットから大型ロボットまで、業態に合わせて選択できる。店内にロボット型デバイスを設置できないケースに合わせた機能として、顧客のスマートフォン内で動作するロボットアプリの提供も予定する。

 今回の提供開始に先立ち、実証実験として一部機能を実店舗で展開済み。2016年12月に、居酒屋店舗「くろきん神田本店」とスポーツ用品店「ダンロップスポーツクラブ金沢文庫店」に導入している。

 ラーメン店「鶏ポタTHANK」は、2017年1月23日からの実証実験を経て2月25日以降に本格導入する。事前にモバイルアプリに顔を登録しておくと、来店時に名前付きで挨拶する。来店回数に応じてラーメンのトッピングもプレゼントする。

ラーメン店「鶏ポタTHANK」における導入事例
(出所:日本マイクロソフト、ヘッドウォータース)
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る