• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

「VRによって未来のビジネスマンは空間移動が可能になる」、東京大学の稲見昌彦教授

大類 大吾=タンクフル 2017/02/17 ITpro

 国際標準化団体IEEE(米国電気電子技術者協会)は2017年2月16日、VR(仮想現実)技術の現状と今後の展望についての記者説明会を開催した。東京大学 先端科学技術研究センター 教授 稲見 昌彦氏が登壇し、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)の技術やVRの様々な利用方法、それによるビジネススタイルの変化について語った。

東京大学 先端科学技術研究センター 教授 稲見 昌彦氏
(撮影:大類 大吾、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

Virtual Reality=仮想現実は日本IBMによる誤訳

 稲見教授は、「2016年から、コンシューマ向けのHMDが普及し始めている。VR元年だった」と語り、HMDに搭載されている技術について説明した。稲見氏は、現在のHMDがVRディスプレイ以上の機能を持ち始めていることについて言及。続けて、「HMDの前方に設置されたカメラによって、VRだけでなく、AR(拡張現実)も体験できる。また、カメラが空間をリアルタイムに認識することで、装着者の生活リズムを計測するようなことも可能だ」(稲見氏)と語った。

 また、稲見氏は「HMDのようなVR機器がカジュアルなものになりつつあるのは、スマホの影響が大きい」と述べた。オキュラリフトなどのHMDに使用されている有機ELディスプレイや、頭の位置で方向を確認するためのジャイロ機器はスマホのおかげで安価に手に入るようになっているという。また、スマホをそのままHMDにする製品も販売されていることから、「HMDとスマホは深い関係」であると解説した。

1968年から開発されているHMD。その中にはEyePhone(アイフォン)という名前のものも存在した
[画像のクリックで拡大表示]

 一方日本では「仮想現実」と訳されているVRだが、この言葉について稲見氏は「誤訳とされている。そもそもVirtualという単語の本来の意味は、『事実上の』『実質的』というものだ」と指摘。それが「仮想」と訳された原因について、「日本IBMのシステムエンジニアがVirtual Memoryという製品名を翻訳するときに、仮想記憶と訳したことが原因とされている」(稲見氏)と、日経コンピュータの記事をもとに解説した。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ ライトフィールドディスプレイの出現
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【NRI楠真 強いITはココが違う】

    ハイタッチからノータッチへ、変わるIT営業

     年末年始と挨拶まわりに忙しい季節です。日本の企業文化に根付いている年始の挨拶まわりは、トップ営業にとって重要なタイミングです。ところが、あるITベンダーの営業がこんなことを言っていました。「米国の本社からは、ハイタッチどころかノータッチで営業しろって言われているんですよ」

  • 【波乱のエネルギーIT】

    RPAにすがりたい電力業界、膨らむ事務処理に機運高まる

     銀行や製造業などで導入が相次ぐソフトウェアロボット「RPA」。中国電力IT子会社のエネコムがRPAのクラウドサービスの提供を開始した。RPAツールの導入支援を手がけるシステムインテグレーターやコンサルティング会社は増えているが、クラウドサービスは珍しい。実は、電気事業とソフトウェアロボットは相性が…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る