• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

2016年Q4の世界スマホ市場、Appleが2年ぶりに首位返り咲き

鈴木 英子=ニューズフロント 2017/02/16 ITpro

 米Gartnerが現地時間2017年2月15日に発表したスマートフォンの世界市場に関する調査結果によると、2016年第4四半期(10~12月)に米Appleのシェアは韓国Samsung Electronicsをわずかに上回り、2年ぶりに首位の座に返り咲いた。

 2016年のスマートフォン販売台数は14億9500万台にのぼり、2015年を5%上回った。2016年第4四半期の販売台数は4億3200万台で、前年同期と比べ7%増加した。

 第4四半期のメーカー別販売台数を見ると、Appleが7704万台(市場シェアは17.9%)で最も多く、次いでSamsungが7678万台(同17.8%)だった。3位は中国Huawei Technologies(華為技術)の4080万台(同9.5%)、4位は中国Oppo Mobile Telecommunications(広東欧珀移動通信)の2670万台(同6.2%)、5位は中国BBK Electronics(歩歩高電子工業)の2429万台(同5.6%)となった。

 Samsungは「Galaxy Note7」の生産中止を機に失速し、2四半期連続で前年実績を下回った。同社はミッドレンジ~エントリーレベルでもHuawei、Oppo、BBKやGionee Communication Equipment(金立通信設備)といった中国勢との激しい競争に直面している。

 Huawei、Oppo、BBKはいずれも前年同期より販売台数が増加し、合計でシェアを7.3ポイント拡大した。Huaweiは第4四半期に上位機種「Mate 9」を投入し、「タイミング良くGalaxy Note7の代替機になった」とGartnerのAnshul Guptaリサーチディレクターは述べている。Oppoは中国で首位の座を維持する一方、国外でも販売を伸ばしている。またBBKは中国とインドで強固なブランドを築いている。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    マイナンバーの行く手に見えてきた厄介な課題

     ついにマイナンバー制度の情報連携とマイナポータルの試行運用が7月18日に始まった。情報連携を担うのは、国の機関や自治体が個別に保有している住民個人情報を連携させる「情報提供ネットワークシステム」である。制度としては試行運用だが、マイナンバー制度の基盤を支えるシステムとしては本格稼働したことになる。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る