• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
速報

2016年Q4の世界スマホ市場、Appleが2年ぶりに首位返り咲き

鈴木 英子=ニューズフロント 2017/02/16 ITpro

 米Gartnerが現地時間2017年2月15日に発表したスマートフォンの世界市場に関する調査結果によると、2016年第4四半期(10~12月)に米Appleのシェアは韓国Samsung Electronicsをわずかに上回り、2年ぶりに首位の座に返り咲いた。

 2016年のスマートフォン販売台数は14億9500万台にのぼり、2015年を5%上回った。2016年第4四半期の販売台数は4億3200万台で、前年同期と比べ7%増加した。

 第4四半期のメーカー別販売台数を見ると、Appleが7704万台(市場シェアは17.9%)で最も多く、次いでSamsungが7678万台(同17.8%)だった。3位は中国Huawei Technologies(華為技術)の4080万台(同9.5%)、4位は中国Oppo Mobile Telecommunications(広東欧珀移動通信)の2670万台(同6.2%)、5位は中国BBK Electronics(歩歩高電子工業)の2429万台(同5.6%)となった。

 Samsungは「Galaxy Note7」の生産中止を機に失速し、2四半期連続で前年実績を下回った。同社はミッドレンジ~エントリーレベルでもHuawei、Oppo、BBKやGionee Communication Equipment(金立通信設備)といった中国勢との激しい競争に直面している。

 Huawei、Oppo、BBKはいずれも前年同期より販売台数が増加し、合計でシェアを7.3ポイント拡大した。Huaweiは第4四半期に上位機種「Mate 9」を投入し、「タイミング良くGalaxy Note7の代替機になった」とGartnerのAnshul Guptaリサーチディレクターは述べている。Oppoは中国で首位の座を維持する一方、国外でも販売を伸ばしている。またBBKは中国とインドで強固なブランドを築いている。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【速報】

    JALの新CIOに岡執行役員、石関CIOは退任

     日本航空(JAL)は2017年2月22日、最高情報責任者(CIO)の交代を含む役員人事を発表した。これまでCIOを務めてきた石関佳志常務執行役員IT企画本部長が退任し、後任のCIO兼IT企画本部長として岡敏樹執行役員が就任する。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る