• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

速報

インドのスマホ市場を中国メーカーが席巻、16年Q4のシェアが46%に 

小久保 重信=ニューズフロント 2017/02/15 ITpro

 米IDCが現地時間2017年2月13日までにまとめたインドのスマートフォン市場に関するリポートによると、2016年の同国における出荷台数は1億910万台となり、前年から5.2%増と、小幅な伸びにとどまった。

 また2016年第4四半期(10~12月)の出荷台数は2580万台で、前年同期からほぼ横ばい、前の四半期から20.3%減少した。これは主に、祭事シーズンを前に四半期出荷台数が過去最高を記録した7~9月期の反動や、高額紙幣廃止に伴う消費の落ち込みが要因という。

 一方、インドのスマートフォン市場では中国メーカーの出荷台数が大幅に伸び、上位5社の顔ぶれが大きく変化した。2016年第4四半期における上位5社は、韓国Samsung Electronics、中国Xiaomi(小米科技)、中国Lenovo Group(聯想集団)、中国Oppo Mobile Telecommunications(広東欧珀移動通信)、中国vivo(維沃移動通信)の順となった。

 これに先立ちIDCが報告していた2016年第3四半期の上位5社は、Samsung、Lenovo、インドMicromax Informatics、Xiaomi、インドReliance Jio Infocommの順だった。

 IDCによると、2016年第4四半期は中国メーカーの合計シェアが46%となり、前年同期から2倍に拡大した。これに対しインド地場メーカーの合計シェアは19%に低下した。IDCインドのアナリスト、Jaipal Singh氏は「インドメーカーが国内出荷台数ランキングで1社もトップ5に入らなかったのは初めて」と述べている。

 2016年第4四半期における上位メーカーの出荷台数シェアを見ると、Samsungが25.1%で首位を維持したものの、その台数は前の四半期から13.1%減少した。これに対しXiaomiは同15.3%増加し、10.7%のシェアを得た。3位のLenovo(Motorolaブランドを含む)のシェアは9.9%で、出荷台数は同17.4%減少した。中国のOppoとvivoはそれぞれ8.6%、7.6%のシェアで4位と5位に入り、2社の出荷台数はそれぞれ同29.9%増、同50.8%増と、大きく伸びた。

[発表資料へ]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    「純文学テック」はWebと出版の未来を切り開くか

     IT×金融の「FinTech」などX-TECH(クロステック)があらゆる分野に広がっている。ヤフーと三島由紀夫賞受賞作家である上田岳弘氏、新潮社、デザイン会社のタクラム・デザイン・エンジニアリングが2017年9月に始めたのは「純文学テック」と呼べる取り組みだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る